読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

今日のカード《尖鋭の騎士 バリス》 《気鋭の騎士 ロムス》について

ヴァンガード 今日のカード 考察

こんにちは、バスターです。今朝がた大きな地震が発生しましたが、読者の皆様はご無事でしょうか。

今回は「今日のカード」についてです。本文は続きから。

 

 

今回は『トライスリーNEXT』から《アルフレッド》を強化するカードです。早速見ていきましょう。

 

・《尖鋭の騎士 バリス》

f:id:vg-arcadia:20161122104022p:plain

ロイヤルパラディンのG1ユニット。超越する際にVが《アルフレッド》なら手札の自身のグレードを+1する効果と、超越コストになった際にRにロムスがいるならRにコールして1枚引き、パワー+3000する能力を持っています。

しばしば登場している名称の超越サポートです。実質G2として扱えますが1枚だけでコストを賄えない点は《メイデン・オブ・ランブラー》と同じですね。しかし指定はVの名称のみで超越先の指定はありませんので、メインデッキの構築次第では便利に活躍してくれるでしょう。

そしてコストになった際に指定のリアガードがいれば複数の追加効果を得られます。Vの名称指定のみの《メイデン》と比べ特定のリアガードを要求するという点でやや劣りますが、自身が10000になれるため高いパワーラインを形成できる可能性があります。自動効果の誘発タイミングが「手札から捨てたとき」なので、《飛天の聖騎士 アルトマイル》などで超越ステップでロムスをコールしても誘発させることが出来るようです。少々査定が難しいですね。疑問に思われた方は、公式に問い合わせることをお勧めします。《青天の騎士 アルトマイル》の超越スキルでのコールで誘発できるみたいですので、可能な筈ですが。

カードデザイン上、ロムスは前列にいる筈なので場持ちもあまりよくありません。基本的には《月桂の騎士 シシルス》に任せ、あわよくば、という形でサポートすることが多くなりそうです。

 

・《気鋭の騎士 ロムス》

f:id:vg-arcadia:20161122105456p:plain

ロイヤルパラディンのG2ユニット。山札からコールされたときにVが《アルフレッド》ならばパワー+5000、アタック時にRにバリスがいればパワー+2000出来ます。

要件の異なる2つのパンプ能力を持っています。上の条件はV指定のみですので、比較的容易に達成できるでしょう。スペリオルコールを行うGユニットも数が揃っておりますので、状況に応じて使い分けていきたいですね。

下の効果は特定のリアガードを要求するためやや難しい印象を受けます。基本的にはバリスの効果で呼んでくることになるのでしょうが、あちらの誘発条件がロムスがリアにいることと、複雑かつ難しい要件を持っています。幸いアタック時にいれば問題ないので、どちらかの効果を犠牲にしてもコールする価値はあると思います。

すべての条件を満たして同じ縦列にコールした場合、26000と非常に高いパワーラインを形成できます。リアから高い圧力をかけられますので、是非狙いたいですね。

 

~最後に~

事前のアナウンス通り強化カードが判明してきている《アルフレッド》。文字通りヴァンガード最初期から活躍しているカードであり、根強い人気を誇るカードです。最近は《サンクチュアリガード》にやや押され気味ですが、今後どのような活躍を見せてくれるのでしょうか、注目です!