読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

今日のカード(10/5)について

ヴァンガード 今日のカード 考察

どうも、ろじうらです。

今回は ”今日のカード(10/5)”についてです。
薬研くんです、薬研くんですよ。

本文は続きからどうぞ。

 

 

今日も『刀剣乱舞-ONLINE-弐 』から3枚が公開されたので、1枚ずつの考察です。
もうこれ完全に1日複数枚ペースですね。

 

鶯丸 特

f:id:vg-arcadia:20161005201530p:plain

ペルソナに出てきそうな人こと鶯丸さんがとなって収録。
前弾と同じくG3、レアリティも同じくRRRですがスキルは微妙に変わっています。
まず前半は新たな獲得となった超越ボーナス。真剣必殺状態で超越したとき、ユニット3枚までパワー+3000を付与するというもの。
現状のプールで汎用的な超越ボーナスを持つ《鶴丸国永》と比較すると、パンプ対象の数が単純に多いのでパワーラインを作りやすくなります。ただし《鶴丸国永》はSC1が可能となっています。《江雪左文字 》を始め、新規カード達がコストとしてSBを要求してくることが多いように見えるので、このあたりは構築によってメインVを決めることになりそう。また、超越ボーナス自体に『真剣必殺』の指定があるので、初回超越のタイミングでパンプすることができない、という状況も出てきそうです。
後半のスキルは無印のそれとは毛色が変わったスキル。V登場時にCB1、SB1することでデッキトップ7枚から『刀剣男士-太刀』を1枚まで手札に加えられるというもの。公式にも書いてあるように超越コスト用やR用としてG3を加えたり、完ガである《江雪左文字》を加えて守りを万全にする使い方も可能な内容になってます。「登場時」なので手札に超越コストが無くてもG3を引っ張ってくれば超越が可能となるのはとてもべんりなのでは。

獅子王 特

f:id:vg-arcadia:20161005201524p:plain

ドローおばけこと獅子王くん、例によりとなって収録です。
前弾ではパワー7000のG2でしたが、今回はパワー10000のG3。ただしレアリティはRRからRへ下がっています。
スキルとしては、真剣必殺状態でアタックしたときCB1でパワー+3000、アタックがヒットしなかったら1ドローできるというもの。単騎13000となるのでクロスライドにも届きますね。
そして「ヒットしなかったら1ドロー」といういやらしいスキルも搭載。ドローユニットとしての性質をきっちり引き継いでいます。「1枚引かれたくなかったらガード値切ってね!」とカマしたいところですが、どうなんでしょうね。個人的には1ドローであればいいか……となることが多いです、もちろん状況によりますが。
そして後半のスキルは「相手のカードの効果で選ばれない」という抵抗に似たスキルとなっており、こちらも無印からそのまま引き継いでいますね。完全ではないものの、ある程度の退却や呪縛、パラライズを防ぐことが可能。

となった今回ですが、R効果しか持たずパワーも10000となっているのでライドしてしまったときは非常に厳しいことに。各々、メインVへの愛で意地でも乗れるようにしましょう。獅子王推しの審神者は茨の道を進んでみてください。

 

薬研藤四郎 特

f:id:vg-arcadia:20161005201527p:plain

はい、最後ですね。
薬研くんですね!!!!!

前弾ではバニラ☆トリガーでしたが、今回はFV候補となっての収録です。
そうです、薬研くんをなんの躊躇いもなくRへ並べることができますね。

スキルとしては、真剣必殺状態で『真剣必殺』持ちのユニットをブーストしたとき、CBすることで自身のパワーを+4000するといったもの。Vに立つユニットは真剣必殺持ちが多いですし、Rに並べるユニットにも同じことが言えるので汎用性としては高そうです。ただし気になるのは[CB1]というコスト。新規カードでCCの手段がいくつか揃ってきたものの、他に優先して払いたいスキルコストが多く存在しているのも確かなことなので、活躍はやや難しめでしょうか。
とはいっても最大の特徴としては、薬研くんは「藤四郎」名称なので先日紹介した《一期一振 》のカウントおよびパンプ対象になる点です。「藤四郎」デッキとしてならば自然と構築に組み込めそうですが、やはりこちらも《秋田藤四郎 》が公開されているのでFVとしての地位は譲ることになりそうです。

 

 

まとめ

新たなメインV候補、優秀なR効果を持つG3、(個人的に)採用待った無しのFV候補の3枚でしたが日に日に構築の幅が広がっていくのはたのしいですね。その分、悩みも比例して大きくなっていきますが。
しかし連日にわたって複数枚が公開されていますが、これでもまだ半分ほどしか公開されていいないんですよ。

10/4の週ヴァンにて公開されたカードについても、なるべく早い内に書きたいですね。蛍丸くん、いや、ほたるんの描き下ろしイラスト、かわいすぎますね。最高ですね。推し審神者としてはSPで揃えるしかないですね。
ところで薬研くんの描き下ろしSPの公開はまだなんでしょうかね、待ち続けますよ。

 

 

presented by ろじうら