読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

今日のカード(9/23)について

こんにちは、バスターです。最近雨の日が多くて気が滅入りがちですね。

今回は9/23の今日のカードについてです。

 本日は9/30(金)発売の『運命の歯車』収録の、《クロノスコマンド》を強力にサポートする1枚です。

 

・イフェメラルワンドドラゴン

f:id:vg-arcadia:20160925101254p:plain

 

アタック時に発動するGB2と、《クロノスコマンド》が超越した時に発動する、いわゆる「超越スキル」を持っています。

GB2は『超極審判』に収録された、ダークイレギュラーズの《悪夢の国の女王 ハートルード》に似たようなスキルですね。攻撃で使うことはあまりないでしょうから、基本的には防御時のスキルと考えてよさそうです。

ソウルの管理は難しそうですが、ソウル1枚とGゾーンの《クロノスコマンド》1枚を実質10kのガードとして使えるのは強力です。しかしあくまでV→V限定なので、過信は禁物。現在流行りのガード制限付のアタックへの対処に便利そうです。

超越スキルは、《クロノスコマンド》が超越した時にGゾーンの裏のカードを表にすることで、ヴァンガードにパワーを与えます。シンプルなスキルですが、強力なヒット時効果を持つ《時空竜 クロノスコマンド・ドラゴン》との相性はよく、完全ガード等を持っていない相手にとっては極めて脅威でしょう。自身の持つGB2を最速で有効化させることにも役立ちますね。

しかし、Gゾーンに表のカードがない状態で《時空竜 クロノスコマンド・レヴォリューション》に超越し、超越スキルで裏の《時空竜 クロノスコマンド・ドラゴン》を表にして、自身の自動効果を誘発させることはできないのでご注意を。詳細は不明ですが、超越したタイミングでは、GB2が達成されていないため、そもそも自動能力が待機状態にすらならない、という解釈ですが、合っていますかね?

 

~最後に~

専用のユニットたちが登場し、いよいよ本格的に軸として組むことが出来るようになった《クロノスコマンド》。G3に《クロノスコマンド》名称持ちがいないため、基本は2種類の《クロノスコマンド》に超越して戦うことになりますから、「様々なGユニットを採用することで、柔軟な対応が出来る」という超越のメリットを潰しがちです。

しかしその効果は派手且つ強力なものなので、上手く使いこなせれば相手にとって脅威になること間違いなし!是非相手のリアガードを全て山札送りにしてやりましょう!