読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

週刊ヴァンガ情報局(12/13放送分)で公開されたカードについて

ヴァンガード 考察

こんばんは、バスターです。

今回は、今日の生放送で公開されたカードについてです。本文は続きから。

 

 

本日の「週刊ヴァンガ情報局」では《オラクルシンクタンク》のカードが多数紹介されました。早速見ていきましょう!

 

・《神魂烈士 イクツヒコネ

オラクルシンクタンクのG0ユニット。レンコンではありません。

GB1で起:自身のソウルインでCC1と、<神託>能力を持つVが登場した時手札が4枚以下ならCB1と自身のソウルインで1枚ドローが出来ます。

状況に応じてソウルインでいずれかの能力を起動できます。どちらもアドバンテージに関わってきますので、優秀な能力です。パワーも5000と及第点なのも好印象です。

特にドローにはGBがついていませんので、G2やG3ライド時にも能力を使える可能性があります。実質的に1:1交換ですが、序盤のドローには大きな意味がありますので重要ですね。

状況に応じて使い分けられる、便利なFVだと思います。

 

・《恵みの霊神 アメノサグメ》

オラクルシンクタンクのGユニット。アタック時に<神託>を達成していればGゾーンのカードを表にすることで「アタックヒット時に2枚引き1枚捨て、CC1、SC1」を得ます。

アタック時に<神託>を達成している必要がありますので手札次第では展開できないこともありそうで少々厳しいですが、ヒットすればアドバンテージとコストを同時に確保できますし、必然的に手札が9枚以上になりますので次のターンのアタックも凌ぎやすくなり、次のターンにフィニッシャーに繋ぎやすくなるでしょう。新しいオラクルの切り札はとても強力だとドクターが言っていましたので、とても楽しみですね。Gゾーンのカードを表に出来ますので、新しいG3との相性も良好です。

 

・《荒神の霊剣 スサノオ

オラクルシンクタンクのG3ユニットのG3ユニット。最初は《アマテラス》用のアタッカーであり、超越スキル持ちとしてリメイクされた《スサノオ》が、新たな能力を得て復活しました。

ライドフェイズ開始時にGB2と<神託>達成でデッキトップ操作、ライドフェイズ開始時にGゾーンに表の《アマテラス》か《ワカヒルメ》がいればCC1、超越時にSB2でドローが出来ます。以前に比べ姉である《CEO アマテラス》を強く連想させる能力になりました。

GB2はタイミングの都合上達成は少々難しいかも知れませんが、超越スキルと併せ《覇天戦神 スサノオ》と同じ質のドローが出来るようになります。

2つめの自動効果はやや条件が難しいですが、超越スキルのコストが確保できます。デッキの減り方が加速しますが、幸い任意ですので使わないタイミングも出てくるでしょう。現実的なのはGガーディアンの《八千代の日輪 アマテラス》を使用することですが、アメノサグメでどちらかを表にしてもよいでしょう。

超越スキルはコストがやや重いものの単純かつ強力な1ドロー。毎ターン《ラック・バード》を使用しているイメージですね。上の効果を使えば実質SB1でドロー出来ますので、CBを他に回せるのは便利ですね。

以前のスサノオの方がシンプルで使いやすい感じはしますが、こちらはCBを使わないのが大きなメリットとなってきます。そのメリットを享受するためにも、しっかりとデッキ構築を工夫することが求められてくるでしょう。

 

~最後に~

今回大きく強化を受けそうな予感がする《オラクルシンクタンク》。メインのG3も強力そうで、俄然期待が高まりますね!

また、元旦には「今日のカード」にてGRが発表されることがアナウンスされました。ほぼ間違いなく新たなスサノオです。期待して待ちましょう!