読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

今日のカード《頑強の乙女 ノエル》 《信念の花乙姫 セリーヌ》について

ヴァンガード 今日のカード 考察

こんにちは、バスターです。WGP東京大会お疲れさまでした。

今回は「今日のカード」についてです。本文は続きから。

 

 

 

何だかんだで発売日が迫っているTDと『トライスリーNEXT』。今日はその中から《ネオネクタール》の2枚です。早速見ていきましょう。

 

・《頑強の乙女 ノエル》

f:id:vg-arcadia:20161121103751p:plain

ネオネクタールのG2ユニット。GB2の達成で手札を1枚捨てると後列からVにアタックでき、同名カードがコールされれば自身と同じ縦列のユニットすべてのパワー+4000出来ます。

最近増えてきたRでのGB2の効果は強力で、単純に攻撃回数を増やすことで要求値の細分化が出来るほか、公式の説明の様に《薫風の花乙姫 イルマタル》などでヒット時能力を付与してやればガード強要が行えます。

パンプ能力も優秀で、上の効果と噛み合っていて2回誘発させられれば単独で11000のVに10000要求が取れます。コールする場所自体に制約はないのである程度の自由は効きますね。GBがありませんので速攻にも使えますが、同名サポートは基本的にGB持ちが多いため、序盤からの使用は難しいと思います。あわよくば、という感じですね。

少々気になるのはGB2ですね。超越したユニットによっては初回から使えない可能性があります。とはいえ優秀なリアガード要因ですので、デッキに入れておけば活躍してくれるでしょう。

余談ですが、ネオネクタールのRRR枠は《胸焦がすラナンキュラス アーシャ》と共に4枚必須のカードでした。これはシングル価格が高くなることが予想されます。デッキを組む人は頑張ってください!

 

・《信念の花乙姫 セリーヌ

f:id:vg-arcadia:20161121104702p:plain

ネオネクタールのGユニット。TDの収録カードらしく、Gユニットの使い方が詳細に書かれていますね。

 V登場時に手札から1枚までコールしパワー+5000、<開花>持ちをコールしたらCC1、SC1が行えます。

2種のアーシャの能力とよく噛み合っており、アーシャをサポートするカードには<開花>持ちが多いためコスト回復も比較的容易に行えるでしょう。

パンプもシンプルながら強力で、強力なアタックを得意とするネオネクタールと上手くかみ合っています。いつも言っていることですが、パンプは単純であるが故に守るのが最も難しい1つだと思っています。出来ればヒット時効果と組み合わせて、強力なガード制限を行いたいですね。

少々残念なのが、Gゾーンのカードを表にできないので最速でGB2を達成できないことですね。前述のノエルを有効化できない、新アーシャの効果が使いにくいなどの制約が出来てしまいます。現状そこまで大きなデメリットではないかと思いますが、使用する際には注意する必要がありそうです。

TDのGユニットにふさわしい「とても使いやすい」カードではないでしょうか。

 

~最後に~

主人公クランに昇格し、大幅な強化が行われている《ネオネクタール》。同名カードを揃えるというやや難しいギミックを特徴としていますが、付随するサポートカードのおかげで、現在も優秀な結果を残しているクランの1つです。

さて、TDとBTで今後はどのような姿を私たちに見せてくれるのでしょうか。また、トコハちゃんのこれからの活躍にも期待したいですね!