読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

ヴァンガードG NEXT(11/13放送分)で公開されたカードについて

ヴァンガード 考察

こんにちは、バスターです。皆さん『天舞竜神』はもう買われましたでしょうか?

私もいくつかデッキを組んで楽しんでいますが、やはり新規カードの追加は嬉しいですね。

今回は、TVアニメに登場した新規カードについてです。本文は続きから。

 

 

※アニメの描写のみでの検証になります。実際の効果と異なる場合は十分考えられますので、予めご承知おき下さい。

 

《冬麗の花乙姫 インベルノ》

《ネオネクタール》のGユニット。『トライスリーNEXT』のパッケージにも書かれているカードなので、恐らくGRではないでしょうか。

詳細は不明ですが、リアガード1体を選択し、山札から同名カードを2枚まで手札に加える能力を持っています。アニメでは《純潔の乙女 カトリーナ》を選択していました。ネオネクタールの固有スキルである<開花>を誘発させやすいのは高評価です。サーチするグレードに指定があるか不明ですが、もしないのであれば、現在のアーシャのメイン戦術である「マルユッカ&ラウニ」を使用しやすいのもいいですね。「手札に加える」なのでコールしない選択肢も発生しますので、状況に応じて使い分けられるいいカードではないでしょうか。

 

白詰草の銃士 ミア・リータ》

 《ネオネクタール》のG3ユニット。ミゲル君の分身ですね。

Gユニット(銃士限定?)が超越した時にリアガード1体を退却させ、山札の上4枚から2枚まで選びコールし、残りのカードをドロップゾーンに置く能力を持っています。

 細かい要件は異なるものの、《覚醒を待つ竜 ルアード》によく似た能力です。銃士は盤面整理が得意ですので、とりあえずコールしても後から作り替えられるのは便利です。

しかしタイミングの都合上、強力なフィニッシャー候補である《姫小百合の精華銃士 マイラ》のパンプの対象に取れないのはやや残念ですね。超越スキルにCBなどのコストがかかるのかも気になるところです。ですが序盤の動きが強かった銃士に強力な超越が来て、これまで以上にスキのないデッキになったと思います。今後が楽しみですね。

 

~アニメ感想~

「NEXT」になって初めてのトコハちゃんの回でしたね。ネタバレになるので詳しい内容は省略しますが、パリの描写はとても新鮮で、またわずかながら《慟哭の嵐 ウェイリング・サヴァス》の活躍も見られて、個人的には大満足でした。効果が描写された新規ユニットこそ多くないものの、驚きの連続で面白かったです。

高校生になって、大きく成長したトコハちゃんのこれからにも期待したいですね!