読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

今日のカード《覚醒を待つ竜 ルアード》について

こんにちは、バスターです。10月も後半です。早いですね。

今回は「今日のカード」についてです。本文は続きから。

 

 

・《覚醒を待つ竜 ルアード》

f:id:vg-arcadia:20161017103448p:plain

TD『竜魔道の儀式』の看板ユニットです。最近のアニメでも活躍していますね。それでは詳しく見ていきましょう。

その前に気になったのは<儀式>3の表記です。アニメでは「ドロップゾーンにG1が3枚!<儀式>達成だ!」と言っていましたので、確定で3枚かと思っておりましたが、他の条件を持つ<儀式>持ちユニットも今後登場しそうです。

前置きが長くなりましたが考察を。<儀式>3でノーマルユニットを2枚山札に戻すことでコストを支払わずに超越する能力と、超越時にCB1とR1体の退却で山札からG1以下のユニットを2枚までコールする能力を持っています。

上の能力は昨日のアニメでも描写されていましたね。いざという時にも超越できる可能性があるのは便利です。条件も予想外に緩く、超越できないということはほぼないと言ってもいいでしょう。自身の超越スキルのスペリオルコール対象を戻せるのも好印象。前回の記事での考察で「あまりに優秀な能力だから、超越先に指定があるのでは?」と書きましたが、そんなことはありませんでした。只の優秀な能力でした。

意外なことに、この手の能力に多いGB2が付いていません。初回超越から使っていける可能性があるのはいいですね。

少々気になったのは「ライドフェイズ開始時」というタイミングです。ストライドステップとタイミングに多少の誤差があるため、何かしらの影響が出るかもしれません。使用する方は覚えておいた方がよさそうです。

 

※追記 

後攻での初回超越の場合、コストを支払うタイミングではVにまだルアードがいないため、上の効果を使用することはできませんね。失礼いたしました。

 

下の超越スキルはアニメで見た通りですね。G1「以下」をコール出来るので、状況次第ではメイン採用しているG0のノーマルユニットやトリガーユニットを呼んでこられるのは便利です。下準備が必要なのは少々面倒ですが、大量の焼きと遭遇しなければ、準備出来ないことは稀でしょう。

 

~最後に~

待ちに待ったTDの看板ユニット。主人公にふさわしい優秀なユニットですね。《シャドウパラディン》はもともと使用者が多いので、ルアードを見る機会も今後増えそうです。また、自身が<儀式>持ちなのに、周りに<儀式>持ちを必要としないのも好印象。柔軟な構築が出来そうです。

最近は《クロノドラゴン・GG》みたいに、「己の過去を力として、新たな未来を切り拓く」ような能力が増えてきました。『天舞竜神』以降はこのような強化が増えるのでしょうか?注目です!