読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

【今日のカード】《日本号》《蜻蛉切 特》《御手杵 特》

各ショップで鶴丸さんが値上がりしてますね。

どうも、ろじうらです。

今回は ”今日のカード(10/11)” にて公開された3枚についてです。

本文は続きからどうぞ

 

 

それでは1枚ずつ

日本号

f:id:vg-arcadia:20161011201557p:plain

清掃モップさんこと日本号さん。ついにヴァンガード収録となりました。
GB2状態でアタックしたときにCB1、Gペルソナブラストを払うことで、【スタンド】しているR1枚につきパワー+3000、そして相手は守護者を手札からコールできないガード制限となります。
パンプ条件はじぶんの【スタンド】しているRの数が対象なので、一番最初にアタックしていく形になるでしょうか。守護者のコール制限が付くので、なるべくパワーを上げて相手の手札を削ったり、Gガーディアン1枚では足りないラインまで持っていきたいところ。

 

 ●蜻蛉切 特

f:id:vg-arcadia:20161011201559p:plain

 ライダー胸板さんこと蜻蛉切さん。例によってとなって収録です。
前弾の無印G3は岩融に次いで嫌がられるレベルのカードでしたが、今回はRデザインのG3となって収録。
GB1状態かつ真剣必殺状態のとき、CB2を払うことでV1枚と自身に対して""G0をコールできないガード制限""を付与することが可能。前述した《日本号》を選択すれば守護者とG0のガード制限となるので非常に強力。自身のアタックもG0制限となりますが、Gガーディンの存在がやはり鬱陶しいところ。また、《日本号》と合わせるとCB3消費という点がネック。相手のハンドに完ガやヒールトリガーがないことを確信でき、かつCBに余裕があるときには非常に殺意の高いアタックとなるでしょう。できるか?やるんだよ。

 

御手杵 特

f:id:vg-arcadia:20161011201554p:plain

自称・刺すこと以外できない人もとなって収録。
前弾ではRでしたが今回はCと少々控えめ。
GB1状態であれば同じ縦列の相手Rに対してインターセプトを封じ、同縦列の相手R1枚に付きパワー+1000となります。登場時効果で役割を失い、インターセプトで退却させようとする相手のG2に対して仕事ができますね。微量ながらパンプも可能なので単騎11000で相手Vへアタックも可能。ただし永続スキルなので、何らかの要因で同縦列の相手ユニットが減った場合、パワーも下がってしまうので注意。やはり""同縦列""というのが惜しいところであり、種族も《刀剣男士-》なので二刀開眼の条件からは外れてしまいます。後列のブースト次第でパワーラインを形成しやすいので、うまくつかっていきたいところ。
なお、レアリティこそ下がっているもののパワーは8000→9000と上がっているのはうれしいところ。

 

 

まとめ

天下三槍はいつくるのかな?と待っていましたがやっとのことで登場。《日本号》に関してはレア刀剣男士の位に恥じぬスキルを持っての登場でした。
今回の《蜻蛉切 》といい《蛍丸 》といい、RデザインのG3が充実してきたのは非常に構築が悩ましくなってきます。発売が迫ってきたのでとにかく楽しみです。

 

 

●余談

いくら原作再現が豊富な刀剣乱舞ヴァンガードとはいえ、天下三槍の格差まで再現するのはかわいそうなんじゃないかな!

 

 

presented by ろじうら