読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

ファイターズコレクション2017が発売になりましたね

 こんばんは、バスターです。

今回は「ファイターズコレクション2017」についてです。本文は続きから。

 

 

 今日は年に一度のファイターズコレクションの発売日ですね。全てのクランが一斉に強化されるのは基本的にこの機会だけですから、文字通り「お祭り」パックです。その分自分が使っているクランを当てるのは難しいのですけどね。

 

 2年前は全てのクランにGユニットが登場し、去年は「Gガーディアン」が出て話題になりました。今回はGB8、Gペルソナをコストに持つGガーディアン、効果付きヒールトリガーとたくさんの新カードが追加されました。かくいう私はヴァンガ祭で既に買い揃えて幾度かファイトしましたので、まだ不完全ではありますが何となく方向性が見えてきました。折角なので使用感などをつらつらと述べたいと思います。

 

・GB8

 実は意外と達成させやすい数字だな、と感じました。もし恒常的に使えるGペルソナブラスト持ちがいる場合、2回超越することで4枚、そしてGガーディアンを新規カード含めることで3枚表にできますので、3回目の超越での使用がそれなりに現実味があるな、というのが正直なところです。当然Gペルソナが出来ないクランはたくさんありますし、わざわざ狙ってプレイするのも如何なものかと思いますが、使用者が少ないからと言って決して無視できるカードではありません。少なくとも大まかな効果は把握しておくと良いでしょう。因みに私は会場でゴールドパラディンのGB8に初見殺しをされそうになりました。実に恐ろしいです。

 個人的に注目なのはグランブルーとリンクジョーカーです。現在のグランブルーはファイナルターンでガッシュを如何に高効率で撃つかにかかっていますが、今回の追加によってグランブルーが目指していたものをノーコストで出来るようになりました。当然使用タイミングが遅いため山札の管理が今まで以上にシビアになりますが、それを通り越して余りある性能と言えるでしょう。

 リンクジョーカーは自身の欠点をケアできる空きサークルへの呪縛カード配置が可能となりました。実質的なハンデスと呪縛による行動制限はとても強力です。相手がケアしてリアガードを埋めて来れば従来通りの呪縛と非常に噛み合った能力を持っています。手札コストがやや厳しい点を除き、とても強力なカードです。

 他のクランも特徴的且つ強力なものが目白押しです。上手く使いこなしましょう。

 

・Gガーディアン

 予想以上にGゾーンのカードを表にすることに貢献してくれています。GB1という制約も必要以上に心配する必要もなく、普段の延長線上で使う感覚で問題ないでしょう。

 今回の収録によって、ヒールトリガーを2枚確保できればGB8の達成がかなり現実的になりました。今までに比べても強力なカードが多いのも嬉しいところ。

 気に入っているのはなるかみとリンクジョーカーです。なるかみは一度に2体を退却させることが可能であり、ヴァンキッシャーのGB2やガントレッドバスターのLB4との相性は抜群です。リンクジョーカーは予め盤面配置が必要で退却に弱いという欠点があるものの、待望だった相手ターン中の呪縛が可能になりました。

 そのため、今回はリンクジョーカーが大幅に強化されたと思っています。リアガードサークルの空きに問わず呪縛してきますので、今後はより専門的な対策を取らないと厳しそうです。

 

・効果付きヒールトリガー

 特定のGガーディアンを使用するコストになった時に効果を発揮するカードたちです。基本的には互換カードが殆どですが、手札交換が出来たりCCが出来たりと何かと便利な効果が揃っています。私は先日この効果で完全ガードを手札に加えることが出来ターンを凌いだことがありました。

 しかし、今まで有り得なかったタイミングで誘発する効果ですので、慣れないうちは効果の誘発を忘れやすいというのが正直なところです。また、パワーが4000なのでいざという時に要求値を底上げし辛い、デッキによっては名称を持っていないということ等がデメリットになり得るかもしれません。優秀なカードが揃っていますが、考えなしの採用は宜しくないかもしれません。

 

~最後に~

 色々な意味で大きく環境を左右しそうなカードが揃っています。必要以上にゲーム時間を延ばしていると、今後は厳しくなりそうです。

新しいカードを使った新しい環境でのファイト、存分に楽しみましょう!