読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

 今日のカード《屍の幻妖術師 ネグロゾンガー》について

ヴァンガード 今日のカード 考察

 こんばんは、バスターです。

 今回は「今日のカード」についてです。本文は続きから。

 

 

 今日は『月夜のラミーラビリンス』より最後のRRRが公開されました。早速見ていきましょう!

 

・《屍の幻妖術師 ネグロゾンガー》

f:id:vg-arcadia:20170220191601p:plain

 グランブルーのGユニット。昨日のアニメでアムちゃんが使用していましたね。アタック終了時にCB1、Gペルソナブラスト、手札を1枚捨てることで山札の上4枚から1枚までドロップし1体を蘇生させ、Gゾーンの表のカードの数だけパワー+5000します。

 コストは比較的重いものの、確定で高パワーの追撃が期待できます。前回の記事でも書きましたがコールするタイミングが遅いため比較的妨害に強く、またGゾーンの表のカードを増やせるためナイトローゼのGB2を最速で有効化できます。予め《星影の吸血姫 ナイトローゼ》をコールした状態ならばブーストを用意しつつほぼ完全に2列を用意できます。ドロップゾーンという幅広い領域を扱えるというクラン特性も相まって、幅広い運用が出来るでしょう。

 また、パンプ値も予想外に大きく、初回でも最低+5000、2回目以降であれば大幅なパンプが期待できます。初回で使えることも大きなメリットでありますが、フィニッシャー候補としても十分に採用圏内です。新弾ではSBを使用するカードが多く、また《霧幻の海賊王 ナイトローゼ》はCB2とコストが重いので高パワーのユニットを用意できるこのカードは魅力的と言えます。

 当然ながらバトル終了時の効果ですのでドライブチェックで捲ったトリガーを乗せることができませんので、予め前後列いずれかを用意しもう一方をスキルでコールする、スタンドトリガーを考慮せずに前列をスタンド状態で残しておくなどの工夫が必要です。また、Gペルソナブラストですのでそもそもの枠の確保という課題もあります。むやみやたらに使って強いカードではありませんが、優秀な強化と言えるでしょう。

 

~最後に~

 遂に最後のRRRが公開されました!残すはGRのみとなりましたが、どちらかは明日の生放送で公開されるのではないでしょうか。

 遂にほぼ全容を見せたアイドルたちの新しい姿。楽しみです!