読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

ヴァンガードG  NEXT(1/29放送分)で公開されたカードについて

ヴァンガード 考察

 こんにちは、バスターです。1月ももうすぐ終わりです。ちょっと信じられないですね。

 今回は新規カードについてです。本文は続きから。

 

 

 今日はタイヨウ君とトコハちゃんのファイト回でした。どちらもデッキの特性を活かした熱いファイトでした。そして注目の新カードも。詳しく見ていきましょう。

 

※一部ネタバレを含みますので閲覧は自己責任でお願いします。また、毎度のことですがアニメでの描写のみでの考察ですので細かい相違などはあしからず。

 

 

・《経世の花乙姫 セルフィーナ》

 ネオネクタールのGユニット。コストは不明ですが(アニメではGペルソナブラストを行っていました)、リアガードのパワー+2000、Gゾーンの同名カード1枚につき指定したカードと同名のカードを山札からコールし、2体以上コールしたらクリティカル+1していました。

 序盤から確実にリアガードを補充できる、爆発的に見えながらも堅実なユニットが登場した印象を受けます。ベラーノは手札が減っていますしね。アニメではカトリーナやイーダを組み合わせて100000に届くかというパンプを行っていました。あれを防いだタイヨウ君は本当に凄いです。

確実性があり便利なユニットだとは思いますが、要件の都合上複数枚採用が必要なカードです。Gユニットでどれを採用するかは、自分のファイトスタイルと照らし合わせて良く検討する必要があるでしょう。

 それにしてもマモルさんの<開花>の計算が早くてびっくりしました。

 

・《黄金の聖剣 グルグウイント》

 ゴールドパラディンのG3ユニット。待ちに待った2枚目のグルグウイントです。

 超越時にCB1、SB1で山札の上4枚から1枚をコールし、コールしたユニットが<結束>持ちであれば更にデッキトップのカードをレスト状態でコールするか山札の下に置く能力と、<結束>を達成している時に後列のユニットにインターセプトを行える能力を与えていました。展開と防御という従来の特性は失わずに、明確に違いを出してきました。

 コストは重くなったようですが、条件を満たせばコールする枚数を増やせるようになりました。旭光絢爛のパンプの効率を上げられるほか、<結束>能力のサポートも行えます。コールする対象自体は指定が無さそうですので、コストの管理さえできれ以前より強力になったと言えるでしょう。自身の<結束>能力も盤面が必要になったとはいえコールしたユニットが無駄にならないのは便利です。

 フル活用するためには<結束>持ちを多く採用する必要があります。メインで使用する場合はよく考えて構築する必要がありますね。

 

・《天道聖剣 グルグウイント》

 ゴールドパラディンのGユニット。今回のパッケージを飾るユニットが遂に登場です。ドラグドライバー同様、今回もRRRの可能性が高いですが。

 Gゾーンのカードを表にすることで、Gゾーンの表の《グルグウイント》の数だけ全てのユニットのパワーを+2000し、アタック時に<結束>を達成していれば山札の上7枚からリアガードを1体スペリオルコールする能力を持っています。アニメでは直前のターンでGガーディアンを使用していましたので、いずれかの能力にはGB2あるいはGB3があるかもしれません。

 シンプルな能力ですが、状況によっては旭光絢爛以上のパンプをリアガードに行う事が出来ます。自身もコールする能力を持っていますので、多少盤面が悪くても立て直すことができますね。自分のアタック時ですので妨害されても立て直せるのは強力です。コールはどちらも空いているリアガードサークルに行っていましたので、もしかしたら指定があるのかもしれません。上書きできるかどうかで攻撃回数が変わってきますので重要な要素です。Gゾーンを空けることができるのでスピアクロスやグロリアスレイニングの効率を高められるのも優秀です。

 総じて、とても使いやすく優秀なユニットが来たと言えるのではないでしょうか。

 

~最後に~

 注目のカードが一気に紹介されました。描写こそ少なかったですが効果をフルに発揮した《フェイバリットチャンプ ビクトール》も凄く強力でしたね。

 いよいよ週末に発売日を控えました。そして新規性も適用になります。新しいカードたちは、一体どんな姿を見せてくれるのでしょうか、注目です!