読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

今日のカード《三界鬼神 ヤスイエ・ゴウマ》 《審判の忍鬼 ヤスイエ》について

ヴァンガード 考察 今日のカード

 こんばんは、バスターです。指がかじかんでまともにキーが叩けません。

 遅くなりましたが「今日のカード」についてです。本文は続きから。

 

 

 昨日のアニメでも活躍した、むらくもの新しい切り札が登場です。早速見ていきましょう。

 

・《三界鬼神 ヤスイエ・ゴウマ》

f:id:vg-arcadia:20170123200839p:plain

 むらくものGユニット。GペルソナブラストでGゾーンの表の《ヤスイエ》を2枚までターン中コールする能力と、ユニットのアタックがヒットしなかった時に1枚引き、手札から1枚を山札の下に置く<影縫>能力を持っています。

 ついにGゾーンからスペリオルコールするユニットが登場しました。コストもGペルソナブラストのみですので、他のカードに積極的にCBやソウルを使用できるのは嬉しい限りです。

 <影縫>能力も便利ですね。良質な手札交換が出来るのは勿論、手札に来てしまった分身対象を山札に沈めることができます。ドロップからの回収とはまた違った方法でむらくもの戦術をサポートしてくれます。痒い所に手が届く、便利なユニットですね。初回から使えるのも高ポイントです。

 惜しむらくは、当然ですがコールされたGユニットはパワーが15000のため、11000のヴァンガードに対し有効なラインが取れていない点ですね。単独のリアガードとしては十分なパワーなのですが、少々勿体なく感じてしまいます。《忍竜 ヤシャバヤシ》や《羨慕の忍鬼 イキュウ》の効果を付与してやるなどして、上手くサポートしたいですね。

 

・《審判の忍鬼 ヤスイエ》

f:id:vg-arcadia:20170123201850p:plain

 むらくものG3ユニット。ゴウマと同じ<影縫>能力と、超越時にユニット一体と同名カードを1枚までコールし、「アタックがヒットしなかった時に自身を手札に戻す<影縫>能力」を与えます。

 遂に《ヤスイエ》にも2種類目が登場です。V/R両方で使える影縫能力はゴウマ同様便利で、GBが無いためライドしたターンから使用していけます。

 超越スキルは期待していた手札からのコールこそないものの、指定が「リアガード」から「ユニット」に変更されているため、自分自身を対象に取ることができるようになり、完全に超越スキルが腐ってしまうということはなくなりました。シバラックバスターと組み合わせればアタッカーを2体補充できます。また、アニメではチャコールを分身させていたため描写がありませんでしたが、コールされたユニットはバウンス能力を得るため、自身を対象に取れば次の超越コストも確保できます。不確実ですが、狙う価値は十分にあるでしょう。前述の<影縫>も併せて優秀なアタッカーとして活躍してくれそうです。

 しかし、《看破の忍鬼 ヤスイエ》に対し、コールする枚数で劣り、またコールしたユニットは山札に戻りません。山札に戻ることは基本的にはデメリットですが、分身対象は山札に眠っていることが望ましいので一長一短と言えるでしょう。同名のカードを複数枚要求する《伏魔忍鬼 カガミジシ》や《伏魔忍竜 ホムラレイダー》をメインに使用したい場合は、旧ヤスイエの方が使いやすそうです。好みやファイトスタイルに応じて使い分けていきたいです。

 

~最後に~

 目を見張るような強さこそないものの、今までのむらくもに欠けていた部分を大きく補うようなユニットが登場したな、という印象です。これで今まで以上に《ヤスイエ》は使いやすくなるのではないでしょうか。

 明日には生放送が控えています。どんな新規ユニットが登場するか楽しみですね!