読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

2017年の環境予想

ヴァンガード 考察

 バスターです。私の2017年はショップ大会でギアクロニクルと3連戦という幕開けでした。疲れましたが、優勝という形で幸先のいいスタートを切れて良かったです。

今回は今年の環境の予想記事です。本文は続きから。

 

  

 現状と発表されている情報から、今後の環境はどうなるかな、という予想雑記です。完全に私の予想ですので、過度に信用しないでください。

 

 まずファイターズルールの更新が予定されています。詳細は未定ですが「1月の上旬に発表」とありましたので、おそらく1/10(火)あたりに何かしらのアナウンスが入るのではないでしょうか。

 規制候補を考えるうえで最有力の、後半の環境を見てみましょう。WGP全国大会でのクランの内訳です。

 

・ギアクロニクル:7名

グランブルー:7名

・リンクジョーカー:4名

・ロイヤルパラディン:3名

・シャドウパラディン、なるかみ、ペイルムーン:各1名

 

 参加者24名中上位2クランで14名、上位4クランで21名と圧倒的な割合を誇ります。おそらく上位4クランに何かしらの規制がかかるでしょう。簡単に見ていきましょう。

 

・ギアクロニクル

 アドバンテージ獲得源のウル・ワタル、ワタルとチクタク、ギアキャットすべてにアクセスできるメラム、そしてバトルフェイズ中の<時翔>によって攻撃回数とアドバンテージを同時に稼いでくるヒストリーメーカー。現在猛威を振るっているのはこの辺りでしょうか。リシュマ、ディレイドブレイザー、カリブムなど強力なユニットは他にも存在しますが、メラムとワタルあたりが怪しいのではないかと思います。もし規制された場合手札が増え辛くなりますので、連続攻撃が得意なクランには厳しくなるのではと思います。

 

グランブル

 《七海》と《ナイトローゼ》という2つのトップデッキを一度に抱えるクランです。決勝で結果を残したのは七海ですが、ナイトローゼにも何かしらかかるのではないでしょうか。

 考えられるのはFVのナイトランナーとグルナッシュ、あとは砲撃手とみっく一家などでしょうか。ガッシュのおかげでアドバンテージ獲得力は現状どのクランよりも高いですが、規制されると動きにある程度の支障が生じるため、今ほどの力を出しにくくなるかもしれません。潤滑油となっているユニットのどこが規制されるか不明ですが、3月の強化がある分、思い切った規制をしてくるかもしれません。

 

・リンクジョーカー

 七海や後述の《サンクチュアリガード》などのビートデッキを止めるため台頭してきました。特定の強カードがあるためではなく、現在の上位デッキとの相性が良いために勝ち上がってきたという印象です。

 正直なところ、どこかを規制するデッキではないと思います。しかし<呪縛>は刺さるクランには刺さりますので公式が今後《メサイア》を推していきたいと考えているのであれば《カオス》関連に規制が入ることも考えられます。

 

・ロイヤルパラディン

 2015年の春以降、形を変えながらもずっと上位にいるロイヤルパラディンの《サンクチュアリガード》。現状はトリガーを全てクリティカルに寄せ、べノン→ミロンの展開やブラスターシステムでの連続攻撃で序盤を押し切り、レガリアの超パワーで決めるのが主流になっています。

 今までずっと規制対象になりながらも免れてきたデッキですが、露骨に抱負を掲げたからにはさすがにそろそろ規制がかかりそうです。可能性としてはレガリア自身かリュー、べノン辺りでしょうか。場合によってはトリガーの配分という構築ルールの部分にも干渉してくるかもしれませんね。

 

 

収録を控えるクランたち

 さて、ここまでネガティブな話題でしたのでここからはポジティブな話題を。

今後収録されるクランでどこか台頭してくるか予想したいと思います。

 

・1月:俺達‼!トリニティドラゴン

・2月:剣牙激闘

・3月:月夜のラミーラビリンス

 

 現在ここまでの情報が発表されています。以降も商品は発売されるでしょうし、一概に決めつけることは出来ませんがある程度の指標にすることは出来ると思いますので簡単にどのクランが台頭するか予想したいと思います。

 

・グレートネイチャー

 個人的な一押しクラン。リアガードに依存する部分が大きいものの、デッキが回った際には多くのアドを獲得できます。もし<呪縛>が減った場合には、十分に上位に食い込む力があると思います。

 

・ロイヤルパラディン

 <勇敢>の大幅な強化によって一気に力を付けてきた《アルトマイル》が出てくるのではないかと思います。既に結果は出していますしね。中盤以降の安定感と爆発力ではサンクチュアリさえ凌ぎますので、<勇敢>サポートの追加如何では十分期待できます。

 

・シャドウパラディン

  ルアードの強化が予想されます。優秀なクリティカルトリガーである《べリアルオウル》だけでも大幅に強化されますので、ここからどこまで伸びるか楽しみです。確定のスペリオルコールが得意ですので、ギアクロとグランブルーの勢いが削がれた場合、台頭する最有力候補はここではないかと思います。

 

・ネオネクター

 現状でも桁外れのドロー力を持つマルユッカラウニですが、妨害が減れば相対的に台頭してくるのではないかと思います。対処できないクランでは対処しきれないので、少なくとも今よりは増えることが予想されます。しかしロイヤルパラディンにも言えることですが、直前にも収録がありましたのでもしかしたらあまり新規カードを貰えないかもしれません。

 

グランブル

 現状最強クランの一角です。規制がどこまでかかるかにもよりますが、完全に姿を消すということはないのではないでしょうか。《夜霧の吸血姫 ナイトローゼ》が十分に強力ですので新規のナイトローゼがどのような能力を持っているかにも注目が集まります。

 

 こんなところでしょうか。しかし去年の例がありますので、実際にはどんなクランにも可能性があると言えるでしょう。

 

 

~最後に~

 いよいよ2017年が始まりました。どんなカードが追加されるのか、どんなシステムが発表されるのか、期待することがいっぱいです。

 今年も皆さん思いっきりヴァンガりましょう!