読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

あけましておめでとうございます。&今日のカード《枢機の征討神 カムスサノオ》について

ヴァンガード 今日のカード 考察

 みなさま、明けましておめでとうございます、バスターです。

 昨年は多くの方に「VGアルカディア」をお読みいただきまして、誠にありがとうございます。 まだまだ未熟な身ではございますが、本年もどうかよろしくお願いいたします。

 さて、新年最初の記事は「今日のカード」についてです。本文は続きから。

 

 

  公式からもアナウンスがありました通り、本日は《オラクルシンクタンク》のGRが登場です。早速見ていきましょう。

 

・《枢機の征討神 カムスサノオ

f:id:vg-arcadia:20170101103210p:plain

 オラクルシンクタンクのGユニット。アニメでも活躍していた、スサノオの新たな姿です。

 <神託>達成でパワー+5000、クリティカル+1する永続能力と、登場時にCB2で手札が5枚になるまでドローする能力を持っています。

 <神託>はシンプルなパンプ能力。永続能力ですのでドライブチェックの枚数も勘定しますので、手札が2枚以上の状態でアタックすれば必然的に条件を達成できます。自身の自動能力もありますので、誘発は中々に現実的ではないでしょうか。派手さこそありませんが、GB2を達成している頃には相手のダメージが3、4点の時が多いです。そこでVのクリティカルが上がるのは見た目以上に厄介です。CBが大事なクランは多いので、どんどんプレッシャーをかけていきましょう。

 自動能力はアニメでも描写がありました。手札が0枚の時に使用すれば最大で5枚のアドバンテージを獲得できます。姉である《CEO アマテラス》のメガブラストを再現したような効果ですね。自身を含めた<神託>をサポートできるのは勿論、劣勢時に一気に巻き返すことも可能になりました。

 また、タイミングがV登場時というのも便利で、先にプレイすればG3スサノオの超越スキルで更に手札を増やせます。《覇天戦神 スサノオ》ですとコストの競合が起こりますので、《荒神の霊剣 スサノオ》の方が相性が良いでしょうか。

 リアガードをパンプする能力はありませんので、相手が5点の時の圧力は《覇龍戦神 カムスサノオ》の方が高いので、上手く使い分けていきましょう。

 

~最後に~

 遂に最後のGRが公開されました。他に負けないほど派手な能力ですね。劣勢を一気に巻き返せますので上手く使えれば気分も爽快でしょう。

 さあ、今年は一体どんな年になるのでしょうか。楽しみですね。