読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

2016年を振り返って

こんばんは、バスターです。

今回は「2016年の環境」についてです。本文は続きから。

 

 

今年最後の日曜日も終わろうとしています。皆さんにとって、今年はどんな1年だったでしょうか。私は仲間たちとブログを始めたり、色々と新しいことを始めた1年でした。歳を重ねると新しいことを始めるための労力は大変なものですが、これからも引き続き精進を重ねてまいりたいと思います。

 

閑話休題。それでは今年のヴァンガードを振り返って参りましょう。

 

~前半~

「G2止め」に対する対策がまだとられておらず、猛威を奮っていた《波紋》が規制されたところから始まりました。「チクタクメラム」が徐々に世間に知られ始め、ツイテルンやシブリーズの登場でG2止めが現実的でなくなったこと、<時翔>に関する優秀なカードが多く追加されたことで、一気に《ギアクロニクル》が台頭してきました。

ファイターズロードのGレギュレーションの制限も大きかったでしょう。《七海》や《ノキエル》といった優秀なデッキが参加することが出来なかったため、Gから登場したギアクロニクル以外は全力を出し切れない部分も多々ありました。

しかし、Gレギュはデメリットばかりでなく、新しい可能性を多く見出した大会形式でもありました。《撃退者》ばかりが使用されていたシャドウパラディンで《Diablo》が台頭してきたのもこの部分が大きいでしょう。メガコロニーが決勝進出を果たしたことは、今でも鮮明に覚えています。

こうして、基本的には公式のイメージ通りに超越を基本戦術とするデッキが台頭してきました。正直あまりメタゲームが進んだわけでもなく、順調に強化されたデッキが活躍をしたイメージです。

また、Gガーディアンの登場も大きかったです。ヒールトリガーが10000以上のガード値になり、カードによってはそれ以上の事が出来ること、Gゾーンを表にできるのでGB2を最速で達成できるため、先攻が絶対不利ではなくなったことも、より環境を複雑に、そして面白くした理由の一つです。

 

~後半~

全国へ通じる大会としては初めて「トリオファイト」が採用されました。これによって上位進出のデッキが固定化されるのを防ぎ、また個人戦では味わえないような緊張感を感じることが出来ました。

主に上位入賞を果たしているのは超越後の動きが強力な《クロノジェット》や《ナイトローゼ》、序盤が強力で超越の前に落とす《☆16サンク》などです。そしてG2止めに代わる新たなメタとして《G1速攻》が登場し、またGレギュが解除されたことでビートデッキに対して有力且つミラーマッチにも対応できる《カオスメサイア》などが入賞レシピとして主に掲載されることになりました。

TCGの宿命ではあるのですが、強いデッキとメタという二極化が進むことになりました。やはり超越後の動きは《クロノジェット》と《ナイトローゼ》がずば抜けていますので、他のクランがどこまで肉薄できるかが今後の環境を左右することになりそうです。今のところ可能性があるのは最近強化が行われた《アルトマイル》と《アーシャ》でしょうか。どちらも極めて高い攻撃力を有しているため、今後の活躍に注目したいです。

しかし、予想外のデッキが活躍したのも、後半の特色だったと言えるでしょう。具体的には《ペイルムーン》と《なるかみ》でしょうか。どちらもベースの力は高いものの、最上位のデッキと同格か、と問われれば首をかしげてしまいます。このような、自分が好きなデッキが活躍できたのもトリオファイトならではですね。

さぁ、今週は全国大会決勝戦です。一体どんなドラマが待っているのでしょうか。出場される皆様には、活躍を期待したいと思います。

 

~2017年に向けて~

さて、少々気が早いですが、簡単に来年を占ってみましょう。まずは公開されているブースターから。

・1月:俺達!!!トリニティドラゴン

・2月:剣牙激闘

・3月:月夜のラミーラビリンス

個人的に期待したいのは《グレートネイチャー》です。元々ベースの力が高く、<呪縛>が少ない環境では十分に結果を残してきました。現状リアガードありきな部分がありますが、上手くケア出来れば十分な実績を挙げることも可能です

また、《ロイヤルパラディン》、《シャドウパラディン》、《ネオネクタール》の強化も楽しみですね。現状でさえ優秀なカードが揃っていますので、どこまで伸びるのか注目ですね。

その前に、ファイターズルールの更新が控えています。おそらく今回も何かしらの規制が入るでしょう。可能性としては

・ギアクロニクル:ウル・ワタル、メラム

グランブルー:ナイトランナー、みっく一家、砲撃手

・ロイヤルパラディン:リュー

ジェネシス:ターロ

あたりでしょうか。完全に私の予想ですので外れる可能性もありますが、大暴れしているカードに何かしらのテコ入れが行われるでしょう。あまり規制は歓迎されるものではありませんが、ルールに則ってファイトするのは大原則です。しっかり理解し、新たなデッキ構築の参考にするようにしましょう。

 

~最後に~

今年もあっという間に過ぎ去ろうとしています。来年にはまた新しいカード、新しいシステムが追加されるのでしょう。全てを理解する必要はないと思いますが、先ずは自分が使っているデッキ、そして現在主流のデッキだけはなるべく把握するようにしておけば、勝率も今まで以上に上がってくるのではないでしょうか。きたるべき新年を、万全の状況で迎えましょう!

 

今年最後みたいな書き方になりましたが、年内のブログの更新はもうしばらく続きます。引き続きよろしくお願いします。