読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

今日のカード《エキサイトバトルシスター みろわーる》 《バトルシスター らすく》について

ヴァンガード 今日のカード 考察

こんばんは、バスターです。明日から3連休ですね。クリスマス、皆さんはどこかへお出かけするのでしょうか。私は引きこもります。

今回は「今日のカード」についてです。本文は続きから。

 

 

本日は新しい《バトルシスター》の切札が登場です!早速見ていきましょう。

 

・《エキサイトバトルシスター みろわーる》

f:id:vg-arcadia:20161222203141p:plain

オラクルシンクタンクのGユニット。Gゾーンから裏のカードを表にすることで、「バトルシスターのアタックがヒットした時、CB1で1枚ドロー」と「GB3<神託>:手札1枚につき前列のバトルシスターのパワー+1000」を得ます。

自身を含めた前列にヒット時効果を与える極めて厄介な能力です。多くの方が既におっしゃっていますが、新規の超越スキル持ちの《バトルシスター まどれーぬ》がヒットしなかったときの能力を持っていますので非常に噛み合いがよく、初回超越であればヴァンガードのアタックも比較的ヒットさせやすいので、ある程度は安定してアドバンテージを取ることが出来るでしょう。リアガードにアタックをヒットをさせても誘発しますので、以前《メイデン・オブ・ライブラ》を使用していた方は同じような感覚で運用できるでしょう。

GB3の永続効果も上記の効果と相性が良く、より相手にプレッシャーをかけていけるでしょう。公式の説明にもありますが永続能力ですのでヴァンガードのドライブチェックの後なら誘発も現実的に行えます。現状のオラクルはあまり醒トリガーを採用していませんのでVからアタックしてもそこまで気にならないでしょう。

しかし、《CEO アマテラス》と同様にパンプは永続能力であるためドライブチェック中にパワーが上がる可能性があります。ガードの計算が狂いやすい効果ですので使用する側も対戦相手側も処理の際には気を付けましょう。

 

・《バトルシスター らすく》

f:id:vg-arcadia:20161222205306p:plain

オラクルシンクタンクのG1ユニット。アタック時にESB1でパワー+3000と<抵抗>を持っています。

要件は《バトルシスター たふぃー》と同じですがコストがあるため、ここだけ見ると下位互換になってしまいます。まどれーぬの超越スキルや《バトルシスター れもねーど》等ともコストの競合が起きるため、正直扱いにくさは否めないでしょう。

このカードの真価は<抵抗>にあると言えるでしょう。《オラクルシンクタンク》初の<抵抗>です。オラクルはそこまでリアガードに依存したクランではありませんが、盤面を崩す効果の影響を受けない、前列に置いておけば<呪縛>にも対抗できると多くのメリットを持っています。アタッカーというよりも、盤面維持を重視して採用することになるでしょう。

 

~最後に~

他の名称と同様、《バトルシスター》も大幅に強化されています。特にまどれーぬとみろわーるの効果がよく噛み合っているというのが非常に大きいですね。

しかし、まだ本命のスサノオが残っています。最古参である《オラクルシンクタンク》の反撃に期待しましょう!