読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

今日のカード《超宇宙勇機 エクスリード》について

ヴァンガード 今日のカード 考察

こんばんは、バスターです。

今回は「今日のカード」についてです。本文は続きから。

 

 

今日は昨日の生放送に続き《ディメンジョンポリス》が登場です。早速見ていきましょう。

 

・《超宇宙勇機 エクスリード

f:id:vg-arcadia:20161221191430p:plain

ディメンジョンポリスのGユニット。アタックヒット時にパワーが35000以上なら1枚ドロー、40000以上ならリアガードを1枚までスタンドさせる能力と、起動効果でリアガードを5枚までレストさせ、レストした数だけ自身とリアガード1体にパワー4000」を与えます。

ヒット時効果は強力ですね。パワーを40000まで届かせるためには他のサポートが必須ですが、ヒット時にはノーコストでドローと連続攻撃が出来ます。GBがないため有力な初回超越候補になるでしょう。

起動効果も便利ですね。どんなG3から超越してもリアガードを4体レストさせれば単独で42000に達し、リアガードにもトータルで+16000出来ます。単独で11000を出せるユニットにパワーを当てれば27000になるので強力ですね。メインフェイズに確実にGゾーンのカードを表にできるのでGB2の達成などに便利です。

※リアガードを複数レストしたとしてもリアガード1体にパンプは重複しませんね。ご指摘ありがとうございます。

起動効果ですので、昨日のローレルD同様に上書きすれば高いパワーを維持したままスタンドしたリアガードを用意できます。しかし手札の消費が極めて大きい戦術ですので、ヒット時効果でリアガードのスタンドを狙っていくことになるでしょう。

今日以外にも新規カードには醒トリガーと相性がいいカードが多く収録されている印象を受けますね。新規の醒トリガーが強力なのでスタンドトリガーをメインに採用し「クリティカルを上げたVのアタックで圧力をかけてスタンドしたリアガードのアタックを通す」という戦術がこれからのディメンジョンポリスには増えてくるかもしれません。

 

~最後に~

強力なカードが多く収録されている印象を受ける《ディメンジョンポリス》。基本スタンスを変えることなく、新しい戦い方が出来そうで楽しいですね。

さぁまだまだ新規カードの情報は残っています。金曜日は祝日なのでもしかしたら明日は高レアリティのカードが登場するかもしれません。楽しみに待ちましょう!