読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

今日のカード《全智竜 キルティムカ》について

ヴァンガード 今日のカード 考察

こんばんは、バスターです。「NEXT」の3話が好きで定期的に観てしまっています。

今回は「今日のカード」についてです。本文は続きから。

 

 

本日はグレートネイチャーのカードが登場です。早速見ていきましょう。

 

・《全智竜 キルティムカ》

f:id:vg-arcadia:20161220183642p:plain

グレートネイチャーのGユニット。<達成>25000と<達成>状態になった時にドロップゾーンのカードを4枚まで山札に戻します。4枚戻したらリアガードのパワーを+4000し、ターン終了時に1枚引き、そのユニットを退却させる能力を持っています。

<達成>25000はやや厳しいですが、条件を満たせば山札の補充が出来ます。グレートネイチャーは元々ドローが得意ですし、《全智竜 フェルニゲーシュ》は大量のドローとSCを行う描写がありますので嬉しいですね。山札の下に置きますが、トリガーユニットを戻して《特別名誉助手 みけさぶろー》の効果を誘発させれば大幅なデッキ圧縮が可能になります。

パンプは要件の都合上、他のユニットの<達成>誘発に活かすことはできませんが、グレートネイチャーの特性と噛み合った、シンプルで使いやすい効果です。従来のカードと同様に、なるべく重ね掛けをしてディスアドバンテージを最小限に抑えられるように注意しましょう。

癖が無く便利な能力ですが、この効果を使用したいのは中盤から終盤です。そのタイミングで使用するGユニットとしては、やや力不足感が否めません。同クランに優秀なフィニッシャーである《全智竜 マーナガルム》がいるため、尚更感じてしまいます。最近はゲームスピードが高速化していますので、本当に厳しい時限定で使用する感じになるでしょう。ドローが加速している場合に初回超越で使用するのは有効だと思います。

 

~最後に~

コンボ色が強いため、新しく始めた方にはやや敷居が高く感じてしまう《グレートネイチャー》。その分デッキが回った時の爆発力は凄まじく、正にファイターの腕が問われることになるでしょう。

強力なパンプを活かして、強力なアタックをたたき込みましょう!