読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

今日のカード《駆け抜ける英機 グランギャロップ》 《宇宙勇機 グランベレー》について

こんばんは、バスターです。

今回は「今日のカード」についてです。本文は続きから。

 

 

本日はディメンジョンポリスの2枚が登場です。看板ユニットであるローレルも登場し、俄然注目度が高まっていますね。早速見ていきましょう。

 

・《駆け抜ける英機 グランギャロップ》

f:id:vg-arcadia:20161219193643p:plain

ディメンジョンポリスのG3ユニット。GB3達成でVのパワーが30000以上なら15000になり、60000を超えればクリティカル+1、ライドフェイズ開始時に手札が2枚以下ならコストを払わずに超越する能力、超越時にVにパワー+4000、<超爆>持ちであるならばCB1で更にパワー+4000する能力を持っています。ディメンジョンポリスの超越スキル持ちの《ギャロップ》も遂に2枚目です。

<超爆>能力は極めて強力。各種《ギャロップ》から超越すれば必然的に条件は満たされ、適当なブーストでも21000を超える可能性は高まります。追加の要件は非常に厳しいですが、終盤での《超宇宙勇機 エクスタイガー》であればある程度現実的に達成できます。リアガードのクリティカルが上がるのは非常に厄介です。

1つ目の自動効果も強いですね。ヴァンガードをプレイしている方だと、直前のターンで手札を使い切ってしまい超越できなかった、などというシーンは嫌というほど経験していると思います。それを一切無視して超越できるのは破格と言えるでしょう。手札が悪く次の超越が絶望的という場合には、ディスアドバンテージを覚悟で過剰にガードを払うというのも一考でしょう。ピンチでこそ力を発揮する、正義のヒーローにふさわしい能力と言えるでしょう。

超越スキルは単純なパンプ能力。ヒット時効果を付与する以前に比べたらやや見劣りする感がありますが、<超爆>持ちをサポートできる便利な能力だと思います。Gユニットが単独で34000まで届きますので、ブースト込みで41000まで上がります。完全ガード以外で防御するのは難しいでしょう。

書いてあることすべてが強く、リアガードとしても優秀なカードです。採用するのなら、当然のように4枚でしょう。《ギャロップ》であることをどれだけ活かせるかは、追加カード次第でしょう。

 

・《宇宙勇機》グランベレー》

f:id:vg-arcadia:20161219195306p:plain

ディメンジョンポリスのG2ユニット。モチーフは明らかにアメリカ陸軍特殊部隊「グリーンベレー」ですね。

メインフェイズ開始時にVのパワーが10000以上ならCB1で自身のパワー+4000し、30000以上なら更にパワーを+4000する能力と、SB1で<超爆>能力を持つヴァンガードに自身と同じ数値のパワーをあたえ、自身を退却させる起動効果を持っています。

自動効果は要件が10000以上ですので超越しなくてもほぼ確実に誘発できます。《ギャロップ》からGユニットに超越していれば追加効果も達成でき、単独で16000と高いパワーを得られます。そのままアタックしても十分強力でしょう。一番の問題は、タイミングが「メインフェイズ開始時」ですので、如何に盤面に残しておくかですね。

特筆すべきは起動効果でしょう。自動効果を完全に達成すればVのパワーを+16000出来ます。一度でも誘発させられれば、新《ギャロップ》の<超爆>を満たすこともかなり現実味を帯びます。しかし完全なディスアドバンテージですので、使用するタイミングは上手く見極める必要がありますね。

 

~最後に~

強力な超越スキル持ちが登場しました。まだまだディメンジョンポリスには《次元ロボ》も《イニグマン》もいますので楽しみですね。新情報に期待しましょう!

さて、明日は遂にGRが登場です!楽しみですね!