読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

今日のカード《イニグマン・メガカレント》 《減殺怪獣 ウィーキング》について

ヴァンガード 今日のカード 考察

こんばんは、バスターです。最近布団から出るのが辛くなってきたダメ人間です。

今回は「今日のカード」についてです。本文は続きから。

 

 

今日は《ディメンジョンポリス》の2枚です。早速見ていきましょう

 

・《イニグマン・メガカレント》

f:id:vg-arcadia:20161215201053p:plain

ディメンジョンポリスのG3ユニット。色合いが完全にアウトな気がしますが、まぁ気にしたら負けなのでしょう。

コール時にVが15000なら自身のパワーを+4000し、パワー20000以上ならVに「アタックステップ開始時にCB1でパワー+4000」を与えます。

リアで高いパワーを形成できるのは勿論便利で、Vがもし<超爆>持ちであれば達成をアシストできる優秀なサポート要員です。要件も超越していればまず達成している数値ですので有って無いようなものでしょう。GBが付いていることからも、速度の遅さは気になりません。

《イニグマン》の名称を持っていることからも専用デッキでの採用が期待されますが、同デッキでVのパワーが重要になってくるのはG3のタイミングですので、少々噛み合ってないのが残念なところです。単独で考えるのあれば、超越して戦うことが前提の《ギャロップ》の方が相性が良いでしょう。

書いてあることは普通に強力ですので、追加カードがいかに超越と相性が良いかでしょう。期待です。

 

・《減殺怪人 ウィーキング》

f:id:vg-arcadia:20161215202330p:plain

ディメンジョンポリスのG1ユニット。Vがアタックするかされた時にSB2で前列のユニットのパワーを-10000します。

コストこそ重いものの減らせる量は多く、実質的なガードをうみだせるのは便利ですね。自分がリアガードにいるだけで誘発させられますので条件も緩く、また基本的に後列要員であることから相手のアタックにも晒されにくいです。

基本的には相手ターンに使うことになるでしょうが、ディメンジョンポリスお得意の「ガーディアンの退却」と併用すれば強力なアタックが可能となります。完全ガードは無力化できますし、Gガーディアンや普通のガードは一気に要求値を高められます。しかし、《次元ロボ》で使用する場合ソウルを参照することが多いので、ソウルの管理だけは気を付けましょう。

 

~最後に~

意外と間を置かずに強化されたディメンジョンポリス。しかし超越スキル持ちである《ギャロップ》が他のカードに比べやや扱いが悪いことは否定できず、少々もの悲しさを感じます。しかし優秀なトリガーも追加され、新たな可能性も見せ始めています。正義のヒーローの新たな活躍に期待しましょう!

光定さんまた出てくれないかなぁ…