読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

《フラワーキーパー・ドラゴン》とネオネクタールの守護者たち

こんばんは、バスターです。

今回は「今日のカード」についてです。本文は続きから。

 

 

本日は、今週末発売の『トライスリーNEXT』からネオネクタールの守護者が登場です!

 

・《フラワーキーパー・ドラゴン》

f:id:vg-arcadia:20161206192444p:plain

ネオネクタールのG1ユニット。完全ガード能力と。ガードした対象が 《ラナンキュラス》ならば山札の上5枚からフィールドの同名カードを1枚まで手札に加える能力を持っています。

通常の完全ガードに対し手札からコールする必要があるものの、完全ガードGと異なりリアガードも守れます。そしてラナンキュラスであれば追加効果でサーチを行う事が出来ます。現状のネオネクタールでは手札以外の領域から完全ガードを出す効果はありませんので、《ラナンキュラス》であれば通常に比べて優先して採用されるでしょう。

※QWでのコールがありましたね

追加効果はVかRの同名という比較的幅広い範囲からのサーチであり、ガードした対象でなくてもよいというのは便利です。クラン特性上同名カードを揃えていることが多いと想定されますが2~3種類いればある程度以上の確率でサーチはヒットするでしょう。ドロップの同名を参照せずコストも必要ではありませんので、優秀な能力と言えるでしょう。最近は回収系の守護者が多いので少々意外な能力ではありましたが。

 

・ネオネクタールの守護者

段々と増えてきた守護者。それぞれに特徴があるため、どれを選べばいいか迷ってしまいますね。なので簡単にクラン特性と照らし合わせながら以前のカードを見てみたいと思います。フラワーキーパーとの比較のため、QWは対象外とします。

 

・《メイデン・オブ・パッションフラワー》

『風華天翔』収録の完全ガードG。他のクランと同様にCCを行います。さりげなく《メイデン》の名称も持っています。

 現状のネオネクタールにはCBを多量に消費するGユニットはいませんし、<開花>持ちもそこまで多くは使わないため、他のクランほどの恩恵は受けられません。完全ガードでリアを守るような状況は現在ほとんど見ませんのでデメリットは気にする必要はないとは思いますが、今後の追加如何によって評価が上がるかもしれません。今のところ、後述のリルガにやや立場を奪われ気味に感じます。

 

・《桜吹雪の乙女 リルガ》

『刃華超克』収録の完全ガード。他の同名カードがコールされたときにCB1で同名カードを5枚まで回収できます。事前配置が必要なものの、手札に来ていれば《胸焦がすラナンキュラス アーシャ》の効果で準備出来ます。また、5枚まで回収可能なので《理想の乙女 トゥーリア》を利用すればさらに多くの完全ガードを採用出来ます。<開花>持ちであるため、《冬麗の花乙姫 インベルノ》でサーチ出来る対象にもなります。CBをあまり使わないという現状からもメリットは多く、現在はこちらを使用している方も多いと思います。

フラワーキーパーも優秀ですが、もし採用するとリルガの枚数が減ることになります。そのデメリットを十分に留意し、リアガードの守れるかどうかが採用の分かれ目になりそうです。

 

~最後に~

いよいよ発売を目前に控えた『トライスリーNEXT』。今まで収録クランを使っていた人もっ子から始める方も楽しみなパックになりそうです。上記の完全ガード考察も、デッキを構築する上で参考にしていただけたら幸いです。

さてさて、皆さんはおいくつ買われるのでしょうか。私は現在使用しているクランがありませんので残念ながらお休みです。皆さんが望むカードが当たりますように。

それでは。