読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

今日のカード 《スチームファイター ナギッシュ》 《乱暴狼藉のギアベアー》について

ヴァンガード 今日のカード 考察

こんにちは、バスターです。

今回は「今日のカード」についてです。本文は続きから。

 

 

 

それでは、早速見ていきましょう。

 

・《スチームファイター ナギッシュ》

f:id:vg-arcadia:20161116113200p:plain

《ギアクロニクル》のG2ユニット。Vへのアタック時に、相手のリアガードより自分のリアガードが多い数だけパワー+2000します。

単純に1枚だけだと10000までしか届かないので、何とか2枚以上増やして12000以上でアタックしたいですね。

素のパワーの低さが少々気になるものの、単独で相手のヴァンガードにアタックできる可能性を秘めたカードです。《クロノスコマンド》などで採用すれば、大幅なパワーアップも見込めます。ギアクロニクルの固有スキル<時翔>は盤面を増やす効果ではなく、他にも高パワーでのアタックが出来るユニットが居るため採用は悩むことになりそうですが、GBがない点、ヴァンガードサークルでも有効化する点を上手く活かしてあげることが、他のカードとの差別化につながるでしょう。

 

・《乱暴狼藉のギアベアー》

f:id:vg-arcadia:20161116113947p:plain

《ギアクロニクル》のG2ユニット。コールした時に「各ターンの終了時に自身を山札に戻すことで、相手のG1以上のユニットを山札に戻す」効果を得ます。

GB1の制約があるものの、カリブムと異なりG1以上のリアガードでも確実に山札に戻すことが出来ます。逆にG0を戻すことはできないので、カリブムと上手く使い分けていきましょう。

単純にコールしてもいいですし、<時翔>でコールしても誘発させられます。バインドゾーンからG1ユニットが戻ってくることが出来なくなりますのが、《超刻龍 ファンロン》などでサポートしましょう。

ただし、効果誘発はターン終了時と若干のタイムラグがあります。自分や相手の盤面に触れることが出来るクランには対策されやすいので注意しましょう。

強力な効果ですが、あくまで1:1交換です。こちらのディスアドバンテージを上手く消すことが出来るように気を付けて運用することが必要です。

 

~最後に~

現在、全クラン最強クラスの力を持っている《ギアクロニクル》。ちょっとした強化でもプラスになるので、対策をするのは大変ですね。

 さて、続々追加される強化カードで、再び活躍の予兆を見せる《ギアクロニクル》。注目です!