読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

今日のカード《伝承の聖騎士 セルフェス》について

ヴァンガード 今日のカード 考察

こんにちは、バスターです。

今回は「今日のカード」についてです。本文は続きから。

 

 

本日は12/9(金)発売のTD『天命の聖騎士』収録のGユニットです。早速見ていきましょう。

 

・伝承の聖騎士 セルフェス

f:id:vg-arcadia:20161115104356p:plain

《ロイヤルパラディン》のGユニット。TDのカードらしく、Gユニットや超越の詳細がしっかりと書かれていますね。アニメでも何度かシオン君がストライドしていたGユニットです。

アタック時にSB1で手札を好きな枚数バインドし、リアガードのパワーを+5000、ターンの終了時にバインドしたカードを手札に加える能力を持っています。

細かい要件こそ異なりますが、《ナイト・オブ・パワーチャージ》をイメージさせるようなユニットです。トリプルドライブで手札を増やした後でも自然に<勇敢>を達成することが出来ますので、<勇敢>軸を大きく強化してくれる1枚です。

パワーアップも優秀で、要求値を引き上げてくれますね。アニメでは《反攻の騎士 スレイマン》をパンプしていましたが、あのように単騎でアタックできるユニットをパンプ出来るのは便利そうです。

欠点を挙げるとすれば、自身でアドバンテージを獲得できないことと、結局はリアガードの能力に依存した効果であることでしょう。現在の<勇敢>軸の初回超越候補である《光輝の剣 フィデス》とは、手札や盤面が潤っているかどうか、GB2を最速で達成させたいかどうかで使い分けていくといいでしょう。

 

~最後に~

最近のTDは、以前とは比べものにならないほど優秀なカードが多く収録されており、このカードも例に漏れず、今まではやや扱いにくかった<勇敢>を一気に使いやすくしてくれたユニットです。

現在は《サンクチュアリガード》に圧倒されている<勇敢>ですが、今後の強化でどのように化けるでしょうか、追加カードの公開を期待しましょう!