読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

今日のカード《刻獣 ファーム・ピーコック》について

ヴァンガード 今日のカード 考察

こんにちは、バスターです。冷え込む日が続いて、段々冬の顔が見え隠れしてきましたね。

 

今回は「今日のカード」についてです。本文は続きから。

 

 

既に公開はされていましたが、改めて特別再録の5種が紹介されました。どのカードもカッコいいですね。複数枚を採用する方は旧イラストと混ぜて使うのもいいかもしれません。

そして同時に『トライスリーNEXT』収録の《ギアクロニクル》の新カードも紹介されましたので考察したいと思います。

 

・《刻獣 ファーム・ピーコック》

f:id:vg-arcadia:20161110112420p:plain

ギアクロニクルのG2ユニット。タイムリープによってコールされたとき、「効果によって山札に戻らない」を得ます。

シンプルながら優秀な効果です。公式からの紹介にもあったとおり《超刻獣 スプリット・ペガサス》の効果で一気に盤面を増やせますし、《時空竜 フェイトライダー・ドラゴン》でG3をノーコストでコール出来るようになります。

しかし注意点として「効果で置かれない」のであって「コストで置かれない」わけではないので、《烈火進撃の時空巨兵》のコストを踏み倒せないので処理の際には気を付けましょう。

《ギアクロニクル》のG2枠は現在激戦区であり、押しのけて採用に至るには少々厳しい部分もあるとは思いますが、場持ちの良さを上手く活かして活躍してほしいですね。まだまだ未判明カードも多いですので、新カードとのシナジーにも期待しましょう。

 

~最後に~

いよいよ発売が明日に迫った『天舞竜神』。《ギアクロニクル》の新たなデッキ《十二支刻獣》も大きく強化されました。今後も引き続き強化されますので、私たちにどんな活躍を見せてくれるのか、注目です!