読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

大演練ファイト!!弐 レポ(11/05)

WGP東京まで2週間ですか。どうも、ろじうらです。

『刀剣乱舞-ONLINE-弐』発売記念として開催されている大演練ファイト!!弐に参加してきたので、今回はそのレポになります。

本文は続きからどうぞ。

 

 

というわけで、WGPに向けたデッキ調整と他のとうらぶ使いがどんな構築にしているかを参考にするため参加してきました。
いちばんの動機は、限定カウンターが欲しかっただけなんですけどね。
ちなみに、大演練ファイトは使用クランが《刀剣乱舞》に限定されます。


11/05(土)大演練ファイト!!弐 都内某ショップ
参加人数:4人
使用デッキ:刀剣乱舞(誉軸)

 

1回戦 先攻
マリガンしてもG1を引けず。G1以外は理想の手札であったことと、先攻だったのでライドスキップ。翌自ターンで守護者ではあるもののG1を引けたのでそこからは順調に燭台切()までライド。
相手の前列が3面並んでいたので初回超越は岩融で狩っていくも、返しのターンで同じく岩融で前列を狩られる。
ターン渡されてのドローで蛍丸()を引けたので、そのままコストにして鶴丸()に超越。起動能力で狩られたG2と先ほど切った蛍丸をスペコし、RのG2→Vでアタックし、完ガを切られるもドライブチェックで☆、治を捲ったのですべて蛍丸へ。蛍丸のアタックが止められるも、乱ちゃん()の自動能力で蛍丸がスタンド。再アタックでガード値不足でフィニッシュ。

 

2回戦 後攻
G1ライドが今剣であまり幸先よくないなと思っていたら、相手がトリガーを捲りに捲ってこちらのG3ライド時には5点になるも、こちらも治を捲ってなんとか生き延びる。
相手が3面並んでいたので初回超越で安定の岩融。相手は岩融()を採用していたこともあり、ラインが毎ターン潰されていく苦しい展開。
2回目の超越で日本号に乗り、燭台切の超越ボーナスでコールした蛍丸が単騎21kになるも、トリガーが捲れず1点で耐えられてしまう。
返しのターンで相手は石切丸()に超越。完ガを握っていなかったのでGガーディアンの数珠丸と5000で2枚貫通までもっていくも、相手にダブクリ捲られてしまったので46000の☆4が貫通して負け。

 

感想

今回じぶんが使ったのは誉軸だったのでメインVは燭台切()でしたが、他の方を見ると鶴丸さんや小狐丸()でしたね。誉持ちが中心なのでじぶんは膝丸や岩融()を採用していませんが、このへんのユニットは相手にすると厄介ですね。ドライブチェックでG3が捲れるだけでスタンドできる膝丸さんは相手にするとかなりイヤです。
Gユニットについても岩融、鶴丸()、宗近あたりはコンスタントに採用されている印象です。逆にじぶんが採用して実際に今回も使った日本号はどうなんでしょうね。相手が4点の状態で撃っても完ガないし完ガ相当で切ってくることが多いことを考えると、微妙な気がしてきました。このあたりはもう少し試してみるしかないです。

しかし、参加者は多くないだろうとは思っていましたが、まさか4人って(なお全員男の人でした)
1回戦の方とは話をする時間があったのですが、どうやら刀剣乱舞が先の審神者ファイターのようでした。

 

さて、冒頭でも触れましたがWGP東京まであと2週間。名古屋と比べれば天舞竜神の発売からまだ猶予があるので、新しいカードには気をつけておきたいですね。

 

 

 

presented by ろじうら