読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

《真・抹消者 ドラゴニック・ディセンダント”Z"》について

ヴァンガード 考察

こんにちは、バスターです。

今回は《真・抹消者 ドラゴニック・ディセンダント”Z"》についてです。本文は続きから。

 

 

 

今週の「週刊ヴァンガ情報局」にて多くの《なるかみ》が紹介されました。約1年ぶりの強化ですので、楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。私も自分がヴァンガードを始めるきっかけになったデッキですので、普段以上に楽しみにしております。

そんな中、他の高レアリティ帯のユニットに先駆けて、いち早く紹介されたユニットがありました。3期前半の環境を牛耳り、史上最速で規制カードの指定を受けた《抹消者・ドラゴニック・ディセンダント》の進化ユニットである《真・抹消者 ドラゴニック・ディセンダント”Z"》です。《撃退者 レイジングフォーム・ドラゴン》と並び3期前半の華でしたので、喜んだ人も多かったと思います。発売も近づいておりますので、簡単に見ていこうと思います。

 

・《真・抹消者 ドラゴニック・ディセンダント”Z"》

起動効果でGゾーンの同名カードを表返すことで、ハーツが《ディセンダント》であるならば「アタックがヒットしなかったときにCB1、SB2、手札から3枚捨てることで自分自身をスタンドさせ、ドライブ-1」を得ます。

多くのVスタンドユニットと異なり、”Z"にはGB2の制約がついておりません。「アタックがヒットしなかったら」という条件があるからこその査定だとは思いますが、超越までにダメージを詰めていけば、初回超越から相手を仕留めることも可能になります。

また、コストに名称指定がないのもいいですね。ディセンダントは強い名称縛りがありましたが、”Z"にはありません。なのでG3がバニラになる前提ではありますが、いろいろなデッキのサブVにディセンダントを出張させることが可能になりました。

欠点らしい欠点と言えば、確実にスタンド出来ないところ、そしてコストのSB2でしょうか。なるかみには優秀なドロー要員である《ライジング・フェニックス》がいましたので、そちらにコストを割けないのは割と痛手です。決して賄えないコストではありませんが、2回目の使用に支障が出る、他のユニットの動きを阻害してしまう、というのが少々気になります。

 

 

・どんなデッキで採用すべきか?

さて、少しデッキの内容についても考察を。前述したとおり”Z"自体には名称指定がありませんので、比較的自由な構築が出来ます。私が現在思いついている分だけですが、簡単に紹介したいと思います。

 

・《ディセンダント》軸

f:id:vg-arcadia:20161014104326p:plain 

f:id:vg-arcadia:20161019103717p:plain

f:id:vg-arcadia:20161019104242p:plain

文字通り《抹消者 ドラゴニック・ディセンダント》を中心に各種サポートで周りを固めるデッキです。他の《抹消者》に比べ退却させる要素が少ないものの、《抹消者 ライトニング・フェニックス》や《怨毒の抹消者 セイオウボ》などでパワーを上げていき、一気に押し切ることを目指します。

ある意味「王道」とも言える構築ですが、リアガードにGB持ちがいないため、超越したターン以降はどうしても《ギアクロニクル》や《グランブルー》など、超越が強力なデッキに押されがちになります。そこまでドローが得意なクランではないので、毎回確実にパーツが引けるわけではありません。乾坤一擲な戦い方が求められる構築です。

 

・《抹消者》軸

『月煌竜牙』で強化を受けた《抹消者 ガントレッドバスター・ドラゴン》や、バトルフェイズ中のスペリオルライドが可能になった《抹消者 スイープコマンド・ドラゴン》などを中心に据え、サブVにディセンダントを採用する構築です。

ディセンダント以外の抹消者は退却を得意としており、相手の盤面を崩しながらゲームを進めることが出来ます。☆増加に疑似Vスタンドと相手を追い詰める要素は十分ですが、抹消者の特性上あまりディセンダントのサポートを多く採用出来ないことが考えられることから、爆発力では前述のデッキに劣りますので注意が必要です。

 

・《ヴァンキッシャー》軸

個人的な最有力候補。超越スキルを持つ《ドラゴニック・ヴァンキッシャー》をメインVとし、フィニッシャー用にディセンダントを採用します。主にG2以下はヴァンキッシャーのサポートを採用します。

GB持ちの強力なリアガードを採用でき、”Z"以外にも《征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー”VOLTAGE"》や《征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー”VMAX"》などの優秀なフィニッシャーがいるため、どんな状況でも柔軟な対応が出来るのではないか、と考えております。

欠点としては、ヴァンキッシャーで戦うことを前提としているので、ディセンダントにライドしてしまうといくつかの動きに支障をきたしてしまう可能性があります。折角ディセンダントを使いたくて組んだのに、それでは本末転倒です。

また、ヴァンキッシャーには優秀なGユニットが多く存在するので、Gゾーンの枠も懸念材料になります。”Z"は条件上2枚、もしくは4枚採用したいユニットです。最終的にどのように落ち着くかは分かりませんが、全てのユニットが問題なく動けるGゾーンを作るのは中々に難しそうです。

 

~最後に~

思い出補正もあり、実力以上に人気の出るユニットではないでしょうか。「☆が上がらないから弱い」、「確実にスタンドしないから弱い」、「コストが重いから弱い」との意見を聞きますが、3期を思い出してください。

ディセンダントは「ノーガードすべきでない場面でノーガードを強要できるから強い」のです。

現在の環境はインフレが進んでおり、かつての栄光を取り戻せるかどうかは分かりませんが、十分に食らいつけるだけの強化はされていると感じています。

「黙示録の剣」の新たな進撃、期待しましょう!