読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

今日のカード《竜刻守護者 エスラス》について

ヴァンガード 今日のカード 考察

こんにちは、バスターです。部屋の暖房が効きすぎて暑いです。

今日のカードは『天舞竜神』収録のカードでした。早速ですが考察します。

本文は続きから。

 

それでは、詳しく見ていきましょう

 

・《竜刻守護者 エスラス》

f:id:vg-arcadia:20161018103721p:plain

変則型の守護者ですね。もうあまりにも種類が多くなってきましたので、変則型、という括り自体が間違っているのではないかと思うようになりました。

お馴染みの完全ガード能力と、<儀式3>達成時にR1体の退却とドロップの同名カードを山札に戻すことで、ドロップゾーンから回収できる能力を持っています。

完全ガード能力については、手札からGにコールしなければならない点、Vしか守れない点がCCタイプの完全ガードGと共通していますね。

目を引くのは回収能力です。以前公開されたギアクロニクルの守護者《スチームテイマー アルカ》を連想させる能力です。細かい違いはあるものの、条件自体は非常に《シャドウパラディン》らしい能力となっております。名称指定も特にありませんので、《Diablo》などで《黒鎖霊舞陣 カエダン》などをコストにするのも面白いかもしれません。

欠点としては、《スチームテイマー アルカ》の考察でも述べましたが、ドロップゾーンに合計2枚の同名カードを必要とするため、どうしても誘発のタイミングが遅くなってしまうことでしょうか。また、《シャドウパラディン》はカウンターブラストの消費が激しいクランなので、《カルマ・コレクター》の価値が非常に高いのも、このカード自体にとってはマイナスですね。ポテンシャル自体はとても高いので、自分のファイトスタイルに応じて選んでいくことになるでしょう。

 

~最後に~

新しい完全ガードの方向性を私たちに教えてくれたカードです。今後は査定の違いこそあれど、このような完全ガードが主流となっていくのでしょう。各クランで高い評価を獲得している「完全ガードG」を超えられるかどうか、注目です!

ところで、このタイプの守護者ってなんて言うんでしょうね?「完全ガードNEXT」?