読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

『刀剣乱舞-ONLINE- 弐』の開封結果やら

ヴァンガード

どうも、ろじうらです。

いよいよ発売された『刀剣乱舞-ONLINE- 弐』の開封結果についての報告記事となります。
あくまで参考情報程度ですが、都内の買取相場等もちょっとだけ書いてます。

本文は続きからどうぞ

 

 

まず、私の購入数ですが
ブースター:15箱
トライアルデッキ:4個
となりました。
当初は主にSP目当てでカートンを買う気満々だったのですが、前弾におけるSPカードの初動値段を調べたりした結果、カートンで買うよりは『多めに箱を買って、引けなかった分をシングル買いする』方がコストと見合っているなと考えたため15箱となりました。単純に日和っただけともいいますが。いや、ほら、来月に天舞竜神もありますしね。
トライアルについては新規カードが少ないためあまり買う気は無かったのですが、《明石国行》をホイルで4枚揃えたかったのでそのまま4個予約してしまいました。《小狐丸 》もメインVに据える可能性があったので。

そんな言い訳をしながら購入した箱の開封結果は

SP

f:id:vg-arcadia:20161014215221j:plain

陸奥守吉行 
《鶴丸国永 
《数珠丸恒次》
《堀川国広 
はい、そうですね、蛍丸は引けませんでしたね。
とは言っても数珠丸と鶴丸さんはデザイン的に欲しいなとは思っていたので、この2枚を引けただけでも良しとしました。

GR

f:id:vg-arcadia:20161014215316j:plain

三日月宗近 》:4枚
《数珠丸恒次》:3枚
意外と枚数出た感があるGR。1枚ずつで良いところがそれぞれ上記の枚数来たので精神面的には楽でした。

RRR

f:id:vg-arcadia:20161014215334j:plain

《一期一振 》:7枚
《鶯丸 》:5枚
《日本号》:4枚
《鶴丸国永 》:3枚
《蛍丸 》:2枚
《石切丸 》:2枚
SPで引けなかったほたるん、RRRですら2枚しか引かなかったという現実。わりと偏っていますね。
4枚欲しかった日本号や、鶴丸さんもSPを加えればちょうど4枚にはなったので、各カード必要枚数は揃って安心。

RR

f:id:vg-arcadia:20161014215300j:plain

和泉守兼定 》:6枚
《江雪左文字 》:7枚
《堀川国広 》:6枚
《燭台切光忠 》:6枚
《次郎太刀 》:6枚
《太郎太刀 》:10枚
《膝丸》:8枚
《岩融 》:6枚
《物吉貞宗》:5枚
こちらも微妙に偏りのある結果。江雪さんはそれなりに出ていることが開封しながら分かったのですが、物吉くんについて出ている感覚がほとんど無かったのでちょっと焦りました。こちらも必要枚数はじゅうぶんに揃いました。

 

まとめ

蛍丸を除けば、各レアリティにおいて欲しかった枚数分はしっかり確保できました。15箱も買って確保できないわけはないんですが、偏り具合によっては分かりませんからね。
意外だったのは、わりとパックを開けている人が多かったことでしょうか。もっと少ないかと思っていましたが、大きめのショップのフリースペースへいくと開けている人や即興でデッキを構築して試している人たちをわりと見かけました。
わかりやすい強化を受けたので、とりあえず触ってみようという人は案外多いのかもしれないですね。そうなのか?

都内における各カードの買取相場ですが、SPカードについては店舗によってだいぶ差がありました。共通して一番高かったのは《鶴丸国永 》でしたが、高いお店で1万円以上、安いところだと3000円台でしたね。
GRも上は1000円程度から下は500円以下等々。RRRについては鶴丸さんが500~700円程度で、他は500円未満がほとんどという感じでした。

とある""開封の儀""集会へちらっと顔を出したり、その場で構築について話したりもしましたが、新規カード群を使いこなすにはちょっと考えて構築したり動かす必要がありそうです。本家から入った審神者ファイターにとってはちょっとつらいのでは、と思うところもありますが、トライアルデッキだけで見ると素直な動きをするカードのみで構築されているので、まずはここから始めてみるのは大いにアリでしょう。

 

 

●おまけ

f:id:vg-arcadia:20161014215242j:plain

ちゃんと揃えましたよ、ええ。
ちなみに陸っちゃんと堀川くんSPはそれぞれドナドナしていきました。推し刀剣男士を迎えるために尊い犠牲となってもらいました。
4枚揃えたのはいいものの、活躍の機会はあるのか。なくても作るんですよ自分で。

 

 

 

presented by ろじうら