読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

今日のカード《抹消者 ドラゴニック・デスサイズ》について

ヴァンガード 今日のカード 考察

 

こんにちは、バスターです。いよいよ刀剣乱舞が発売されました。皆様開封なさっている頃でしょうか。私はとうらぶのカードを全く持っていませんので、今回はお休み。『天舞竜神』に備えます。

 

さて、今回は今日のカードについてです。本文はこちらから。

 

・《抹消者 ドラゴニック・デスサイズ》

f:id:vg-arcadia:20161014104326p:plain

 

《ドラゴニック・デスサイズ》です!!あの《ドラゴニック・デスサイズ》が!!

ヴァーミリオン》軸ではCBがキツすぎて採用が厳しかったけど《抹消者》が出た途端に値上がりした、あの《ドラゴニック・デスサイズ》が!!

ダメージゾーンに落ちてしまい、《抹消者 ガントレッドバスター・ドラゴン》の起動効果を使えずグヌヌする元凶だったあの《ドラゴニック・デスサイズ》が!!

《抹消者 ドラゴニック・ディセンダント》のドライブチェックで引いてしまい、ディセをスタンドさせることが出来なくなって涙を流した、あの《ドラゴニック・デスサイズ》が!!

それでも優秀だから《抹消者 スパークレイン・ドラゴン》がデッキから抜けても、決して抜こうとは思わなかったあの《ドラゴニック・デスサイズ》が!!

 

《抹消者》になって帰ってきました!!!

 

すいません興奮しました。でもきっと同じ人は多いはず。それでは考察を。

Vが《ディセンダント》なら登場時にCB1で相手のリアガードを退却させる能力と、Vに《ディセンダント》が登場したとき、自身のソウルインで相手の前列のリアガードを退却させる能力を持っています。

まず名称持ちというのが大きいですね。《抹消者》は名称指定が厳しく、前述のとおり名称を持っていないだけで優秀なユニットが邪魔になることも多かったですが、これで気兼ねなく採用出来ます。

上の効果は《喧嘩屋 スカイハウル・ドラゴン》に似ていますね。あちらに比べ名称指定が厳しくVがG3でないと機能しないこと、また退却対象を選べないというデメリットがあります。しかしリメイク前に比べコストが軽くなっており、これは明確なメリットですね。ECBではないので、非名称が多少ダメージに落ちても問題なさそうです。

下の効果は《妖剣の抹消者 チョウオウ》と《抹消者 ローレンツフォース・ドラゴン》を混ぜたような効果ですね。みなさんローレンツフォースをパッと思い出せますか?乗り直しでも有効ですし、《真・抹消者 ドラゴニック・ディセンダント”Z”》に超越したときにも有効です。単純な1:1交換ですが選択して退却が出来るので、相手の厄介なアタッカーを退却させられるのは嬉しいです。ただ、事前に配置しなければいけないので、相手のアタックに晒されそうですね。

惜しむらくは《ディセンダント》自体があまり退却とシナジーがないことですね。低コストの退却は、むしろ《ガントレッドバスター》で有効でしょう。しかし退却自体は優秀な効果なので「ディセに専用の焼きが来た」と思えば御の字でしょう。

 

 

~最後に~

懐かしのユニットがまさかのリメイク。古参には嬉しい限りです。1枚で最大2体を退却できるので、使い勝手もよさそうです。《抹消者》は再び過去の栄光を取り戻せるでしょうか。注目です!

 

 

 

ブシロードさん、当然に《抹消者 ライジング・フェニックス》の収録もあるんですよね?ありますよね?あるよね?あるよな?あるんだろ?あるって言ってよ!