読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

「ゲット!トレジャーキャンペーン」の新規PRカードについて

こんばんは、バスターです。「天空を舞う竜」と書いて「ドラグドライバー」と読ませるセンスが大好きです。

今回はキャンペーンで交換できる新規PRカードについてです。本文は続きから。

 

皆さんおなじみ「ゲット!トレジャーキャンペーン」。欲しいサプライがあったのでポイントが当たって嬉しかったり、高レアリティが出ないことが確定してしまい、当たって逆に悲しくなってしまったり、様々なドラマ?を生んできました。

そんなキャンペーンに新しくPRカードが追加されました。

 

・明神リューズの完全なる未来セット

・江西サトルの深闇セット

 

どちらも既存のデッキを強化する優秀なPRカードです。一部再録もありますが、新規カードをおさらいしたいと思います。

 

・《超刻龍 オルタード・ドラゴン》

前者に収録されています。1枚なのにセットとは此れ如何に。

超越のコストをCB1と手札の《ギアコロッサス》か《十二支刻獣》に置換する効果と、山札の上5枚から2枚までバインドし自身をパンプ、バインドゾーンに5枚以上でCC出来る能力を持っています。

ドラゴンなのにギアコロッサスであり十二支刻獣であるという不思議なユニットですが、その分各種サポートの恩恵を受けやすくなっています。そして効果も《機械仕掛けの神 デミウルゴス》を強く意識したものであり、自身だけで1ターンに最大で3枚バインドゾーンを増やせます。ハーツやリアガードの効果を使えば、もっと貯めることも可能です。

《全身全霊の理想巨兵》をVに据えることが多い《機械仕掛けの神》でしたが、このカードの登場によって《クロノファング》でも十分現実的に運用可能になったと思います。先日公開された守護者も相まって、完全なる未来がかなり現実的になってきました。ちょっと作りたくなってきました。

 

・《愛着のサキュバス

後者に収録されるカードです。こちらはちゃんと3枚セットですね(笑)

登場時にCB1でSC1、追加の要件を満たせばCC1と2ドロー1デスが出来ます。

同じPRカードである《フライング・ライブラリアン》の連想させるような効果ですね。全ての要件を満たした場合のあちらに比べ、パワーが高く質の良いドローが出来る代わりに、SCの枚数が1枚少なくなっています。この1枚をどう見るかが採用の決め手になるのではないでしょうか。深闇を持っているのもメリットの1つになってくるでしょう。

細かい要件が異なるので一概には断定できませんが、アドバンテージの獲得な苦手な《ダークイレギュラーズ》に優秀なドロー要員が来たのは朗報ではないでしょうか。

ドローの誘発条件はライブラリアンの方が緩いので、とにかくドローしたいならライブラリアン、深闇持ちであることを重視でかつドロー要員が欲しい場合はサキュバス、といった感じでしょうか。

 

・《ヴェアティーゲル・イェーガー》

同じく深闇セットから。G1とは思えないほどたくさんの能力を持っています。

ソウルから自身を手札に加え、要件を満たせば超越コストになり、ソウルに入ったら1ドロー。全てがメリット能力です。

目を引くのが超越コストに出来る能力ですね。ソウルに深闇能力を持つユニットが2枚以上いれば、《月桂の騎士 シシルス》のように扱えます。

最近の《ダークイレギュラーズ》の深闇デッキでは、《グレンツェント・ヴァンピーア》を主軸に据えることも多く、《シャルハロート・ヴァンピーア》の採用枚数を絞った、もしくは採用しないデッキだと、本来の超越コストユニットである《純愛のサキュバス》が腐りやすいという欠点がありました。それを補えるのは嬉しい限りです。もちろん両者を採用して、安定して超越できるようにするのもアリです。

ドロー能力も《デモンテッド・エクセキューショナー》などと組み合わせれば安定して運用できるでしょう。《グレンツェント・ヴァンピーア》もCCが出来るので、自身の能力のコストにしてもよさそうです。

深闇デッキであれば4枚採用も十分考えられる、極めて優秀なユニットであると感じました。

 

~最後に~

全てが全て痒い所に手が届く、素晴らしいユニットだと思います。特に《ダークイレギュラーズ》のような強化を今後各クランに行ってもらえると、デッキ構築の幅が広がることになり、更に多様なファイトを楽しめることになるでしょう!これからの強化に胸を膨らませずにはいられない、素敵な強化だと感じました。