読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

『天命の聖騎士』、『繚乱の花乙姫』収録カード(ポスター掲載分)について

こんにちは、バスターです。昨日とはうってかわって寒いですね。急に長袖を引っ張り出しました。

 

今回は12月発売のTD『天命の聖騎士』、『繚乱の花乙姫』の収録カードが一部紹介されましたので考察します。同時発売の『トライスリーNEXT』収録カードは前回の記事で考察しておりますので、そちらをご覧下さい。本文は続きから。

 

御存じのとおり主人公の1人である、綺場シオンが使う《ロイヤルパラディン》と、安城トコハが使う《ネオネクタール》のTDデッキです。メインキャラということもあり、継続的な強化が期待されます。

今回判明したのはそれぞれ2枚ずつ、計4枚です。うち1枚ずつは現在もそれぞれのデッキを支えるエース《青天の騎士 アルトマイル》、《ラナンキュラスの花乙女 アーシャ》ですので、新規は2枚ですね。では、それぞれ見ていきましょう。

 

・ロイヤルパラディン

《飛燕の騎士 クロウス》

GB1でVが《アルトマイル》であれば、登場時に自身と味方1体にパワーを+2000する能力と、勇敢でヒット時にバウンス出来る能力持っています。どちらも一切コストがないのは高ポイントです。

パンプ値はやや少ないですが自身以外には対象指定がありませんので、細かいパワーライン調整に役立ちそうです。《天元超克 アルトマイル》や《ナイト・オブ・ツインソード》など、バトルフェイズ中にスペリオルコールするユニットも多いので、相手の計算を狂わせる機会も多そうに感じます。

バウンス効果は、なんとGBがついておりません。《ホープソング・エンジェル》などで呼んできてバウンス出来れば大きなアドバンテージになりますね。そこまでに手札を減らすのは少々躊躇われそうですが。

強いというよりは便利なカードではないでしょうか。少数でも採用しておけば活躍してくれそうです。

 

・ネオネクター

 《佳花の乙女 アネルマ》

Rに同名カードが登場したとき、ユニット3枚までにパワー+2000を与え、Vが《ラナンキュラス》であれば「ブースト」を得られます。追加効果まで考えると、基本的には《ラナンキュラス》での使用が前提でしょう。

デザイン的には《グリーンショット・エルフ》に似ております。相違点としては

・一部効果にVの名称指定がある

・効果の対象に指定がないものの、対象に取れる数が5→3へと減っている。

といったところでしょう。名称指定に関しては完全にない方が柔軟性が高いです。対象ですが、そもそも誘発条件が「同名カードのコール時」なので、あまり気にならないことが多いのではないのでしょうか。個人的に現時点では《グリーンショット・エルフ》の方が評価は高いです。

しかし当然ながら、強化はこれだけではございません。追加カード次第ではとんでもない性能に化ける可能性を十分に秘めています。今後のアナウンスに期待しましょう!

 

~最後に~

「はじめようセット」には優秀なユニットが再録されることもあり、文字通り始めるには最適な商品でしょう。同日に『トライスリーNEXT』が発売されるので、すぐ強化が出来るのも嬉しいですね。是非とも手に入れて、新しい世界を開拓してみましょう!

 

 

 

 

おまけ

新G3《サヴァス》出るよね…?前回は同時期にTD出たもんね…?出るよね…?