読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

《魔剣海賊 ディアーヌ》について

ヴァンガード 考察

こんばんは、バスターです。ただひたすら眠いです。

どんどん刀剣乱舞のカードが公開されていますね。最近はろじうら君がずっと記事を書いてくれているので、私は別のカードをとりあえず。

 

今回は《魔剣海賊 ディアーヌ》についてです。本文は続きから。

 

 

新OP、EDのプロモカードが公開されました。残念ながらOPのプロモはまだ効果不明なので、EDのプロモカードの考察です。

 

グランブルーのFVです。基本1枚で十分なFVデザインのカードをPRカードにしてもらえると、CDを大人買いしなくていいので助かりますね(笑)

おなじみ「亡霊」能力と、超越時に自身を蘇生させる能力及びパンプ能力を持っています。細かい違いはありますが、レギオン時に蘇生出来るピノ・グリに近いでしょうか。

蘇生して亡霊状態であるならば、自身のパワーが10000まで上がります。亡霊状態の《腐海の呪術師 ネグロルーク》をブーストして26000ラインを構築出来たり、《夜霧の吸血姫 ナイトローゼ》の超越スキルで呼び出した《スケルトンの砲撃手》をブーストして21000ラインを作れたりと、中々便利な能力です。現在でも十分な力を持つグランブルーの攻撃を、さらに強力にしてくれるでしょう。

ただ、現在のグランブルーには、極めて優秀なFVである《死せざる死者 グルナッシュ》がいます。グルナッシュがいるからこそ、グランブルーは現在の動きが出来ると言えるでしょう。

また、メインデッキに採用したと仮定しても、優秀な初回超越先である《お化け大王 おばだいあ》の効果でドロップゾーンに置いても、タイミングを逃しているため効果は誘発できないのが残念ですね。ディアーヌとグルナッシュを併用する場合は、ディアーヌをFVにする方が無難かもしれません。

 

~最後に~

クランを問わず、新たなFVの登場はデッキの動きを大きく変えてくれるので嬉しいですね。鉄板のFVがいるとなかなか採用し辛いかもしれませんが、可能性を大きく広げてくれそうな1枚です。更に強化されそうな現在環境トップの《グランブルー》。楽しみですね!