読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGアルカディア

ヴァンガードにおけるメメント・モリ「いつかダブクリを捲られることを忘れるな」

WGP仙台大会の結果について考察

ヴァンガード 大会 考察

こんにちは、バスターです。
いよいよWGPが始まりましたね。記念すべき第1回は仙台大会。2016年後半の環境を占う意味でも非常に重要なので、結果について簡単に考察したいと思います。
本文は続きから

 

 

 さて、早速ですが決勝進出チームのクランです。

 

優勝 :ロイヤルパラディン(サンクチュアリ)、LJ、グランブルー(G1速攻)

準優勝:ロイヤルパラディン(サンクチュアリ)、ギアクロ二クル、ネオネクター

 

簡単ではありますがそれぞれ感想を。

 

・ロイヤルパラディン(サンクチュアリ)

唯一両チームに使用者が居たデッキです。《神聖竜 サンクチュアリガード レガリア》の初回超越から使える爆発的な攻撃力に加え、べノンとミロンを絡めた序盤の展開、ブラスターシステムやツインソードによる連続攻撃など、現在屈指の速攻力、攻撃力を持つデッキであり、最近の大型非公認大会では、☆トリガーを16枚採用したデッキが結果を残しています。Gガーディアンが存在する現在の環境において、まさに「肉を切らせて骨を断つ」を体現したデッキと言えるでしょう。

あまりにも攻撃に特化しすぎているデッキですが、3人中2人勝てばいいという今大会のルールにおいて、このデッキは極めて有効と言えるでしょう。相手のターンに盤面に触れるデッキも増えてきていますが、今後も環境を支配する一柱になるのは間違いなさそうです。

 

・リンクジョーカー(メサイア)

デッキの詳細は存じませんが、ミラーマッチにおいて極端に不利になる《カオス》よりは、どんな相手にでも自分の戦い方が出来る《メサイア》の方がユーザーは多いでしょう。なのでメサイア前提での考察です。

登場から現在までずっと妨害の代名詞と呼ばれるクランです。前述の《サンクチュアリ》を止められる可能性がある上、《創世竜 フラジオレット メサイア》や《黒色矮星レディバトラー》の登場で、盤面制圧力と攻撃力が大きく増しました。以前のリンクジョーカーに比べ自分の盤面に依存するという欠点はありますが、元々リアガードのパワーがあまり高いクランではありませんので、そこまで気にならないでしょう。

欠点としては、リアガードのいるサークルしか呪縛できないため、現在環境トップといえる《グランブルー》に対して不利な点でしょうか。しかし、十分な攻撃力を持っているうえ、一部のクランをほぼ無力化できるため、今後もユーザーが減ることはないでしょう。

※10/4追記

カオスメサイアでしたね。

 

グランブルー(G1速攻)

現在一部の大会で結果を出していたクランです。《七海》を中心に据え、ひたすら16000ラインを作って序盤からビートするデッキです。「G2止め」が難しくなった現在の、超越に対する回答、といった感じのデッキですね。

正直、このデッキだけは完全に予想外でした。《嵐を呼ぶ海賊王 ガッシュ》の登場により、《ナイトローゼ》が一躍環境トップに躍り出たためです。

サンクチュアリガード》以上にアクの強いデッキですね。超越に対しては有効でしょうが、ドライブチェックが1回しかできないというデメリットは大きく、また超越以外で、例えばLBやBRで戦うデッキに対しては圧倒的に不利だからです。前回大会のメガコロニー同様、「大会でこのデッキを使う」と決断したことがスゴイと思います。

このデッキの入賞によって、超越以外でも戦う術を準備することの必要性が求められてくるでしょう。また、《サンクチュアリ》では絶対的に優位に立てるため、このデッキを増やす一因にも成り得る気がします。

 

・ギアクロニクル

前回大会の覇者。《チクタクワーカー》が規制されたものの、《スチームメイデン メラム》や《スチームバトラー ウル・ワタル》といった強力なユニットは未だ健在。優秀なリアガードの能力も相まって、初回超越で絶対的なアドバンテージを生み出します。相手の盤面にも触れ、優秀なフィニッシャーも存在する。超越前にはあまり動けないことを除けば、隙は殆どありません。

今回、1番使用者が多いと思っていました。決勝卓で1人しかいなかったのは、単純に新弾発売から大会まで、調整時間があまりなかったのが原因でしょうか。

『天舞竜神』での強化も確定していますし、今後さらに結果を残してくるのは間違いありません。ギアクロニクルに対してどう戦うか、というのが、今後の1つの指標になるでしょう。

 

・ネオネクター

今回のデッキの中で最も見識が薄いのがこのクランです。私の周りには速攻型の《銃士》しかいないもので…

このデッキのウリは何といっても圧倒的なパワー。G開始から現在まで全くブレていないのは凄いと思います。

また、《マルユッカ》、《ラウニ》の登場により、「ヒット時7ドロー」という訳の分からないことを行うようになりました。それを超パワーで行ってくるのですから、脅威と言う他ありません。

各クランに優秀なリアガードが存在する今、相手の盤面に触れないのは小さくないデメリットだと思います。しかし極端な焼きクランが台頭してこない限り、今の地位が脅かされることはないでしょう。

 

~最後に~

 個人的には、一部を除き、順当な結果であると感じています。今回結果を出したデッキは今後さらに増えることが予想されます。

しかし、『天舞竜神』の発売が控えているため、収録クランが台頭してくることは十分考えられます。また、《刀剣乱舞》も決して侮れないクランになりました。

次の大会ではどのような結果が出るのでしょうか。楽しみです。